妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしい比喩。
博士論文のことで日々、頭を悩ませている私。
そんな私が最近手放せない本があります。
つい先日、近所の古本屋で買った
外山滋比古の『知的創造のヒント』です。

今の私には、彼の一字一句が心に染み入ります。

たとえば、論文のテーマについて

「テーマが本当に醗酵していれば、考えている当人を酔わせるはずである。書いている本人が心からおもしろいと思っていれば、論文を読む人にも、おもしろさは以心伝心で乗り移るにちがいない。(中略)おもしろいことを創造するには、新しい酒が造れなくてはならない。ひとのものを盗んだり、借りたりしても、もとのものが充分おもしろければ、二番せんじでもなおいくらかおもしろいかもしれないが、それはしょせん変奏である。新しい酒ではない。古い酒を温めなおして飲んでいるにすぎない。」(pp.147-148)

新しい酒を造りたいものです。


知的創造のヒント (1977年) (講談社現代新書)知的創造のヒント (1977年) (講談社現代新書)
(1977/11)
外山 滋比古

商品詳細を見る



スポンサーサイト

マイナス社会。
しばらく、ブログが書けませんでした。
こんなに間を空けるのは久しぶり(はじめて?)のことです。

新しいゼミでの博士論文のテーマ発表は
本当に字のごとく、打ちのめされてきました。

先生もゼミ生も、とても親身になって考えてくださいましたが、
結局、私が考えているものではダメだという雰囲気が
言葉の端々からひしひしと伝わってきました。

私のフィールドは、これまでは「社会言語学」でした。
社会言語学の良いところ(好きなところ)は
創造的研究ができるところです(と思っています)。
しかし、創造的研究はよほどうまく建設的にやらない限り
理論、理論、理論で固めていく言語学よりも脆弱にみえてしまいます。

新しいゼミは、どちらかというと「社会言語学」-「社会」で
言語学的要素が強いフィールドを研究されている方ばかりです。
人間の価値観や感情論的なものは、少し敬遠されます。

結局、2時間半に渡る議論の末の結論は、
私の研究から、「社会学的要素」と「教育的要素」と「統計的要素」を
排除しようというものでした。

もはや原型を留めてないや。

正直、そう思いましたが、それはもう仕方のないこと。
新しいゼミでやっていくということは、
言葉どおりの「一からのやり直し」なんだと
心から実感させられました。

というわけで・・・
今は言語学のフィールドでどんな博士論文が書けるのかをもっぱら考え中。
でも、まだ完全には割り切れなくて、
なんとかこれまでの積み重ねてきたものも
うまく利用できないかと粘っていますが(苦笑)。
新ゼミでの初発表。
今晩はゼミでの発表です。

フィールドの異なるゼミに入ってしまったので
周りの皆さんに迷惑がかからないようにしたいのですが
それができるかどうかが、ちょっと自信ありません。

また、以前のゼミとは、発表スタイルが異なるので
ちょっと戸惑うような気がしますが
(しかも、1人で90分の発表!)
やれるだけのことをやって、
そして・・・
思いっきり、打ちのめされてこようと思います(苦笑)


苦しみ共有。
昨夜は新しい指導教官とゼミの方々との交流会でした。
(先生のお誕生日会、っていうのがメインですが)

皆さん、本当に素敵な方ばかりで
まったく別の分野から飛び込んできた私に
とても優しく接してくださいました。

博士課程の皆さんは
やはりテーマ探しの苦しみをよく御存知で、
私も苦しみも理解してくれたうえに
テーマが見つかった瞬間の話などもしてくれました。

最終的に、テーマを見つけ出すのは自分自身ですが
このような周りの助けが本当に有難いと
心から思った夜でした。

DSC_0161.jpg
早く暗闇から脱出したい・・・




新しいテーマ。
新しい指導教官のゼミが終わった後、
先生がすっと寄ってきて
「今までのことにこだわらず、新しいことをやりなさいね」
と一言。

これまでのテーマでいくのか
新しいテーマでいくのか、
悩みまくっているのが顔に表れていたんでしょうか(苦笑)。

これで、新しい指導教官の先生のお考えも
以前の指導教官の先生のお考えも一致したわけです。

ひとつ、悩みが消えました。

次の悩みは、その新しいこととは何か、です。
宝くじほど確率は低くはないかもしれないけれど、
そうそう新しいこと(良いアイディア)は思いつくものではありません。

うーん・・・



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。