妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効果的な言葉。
中間テストの返却。先日のブログで宣言したとおり、平均が低かったことに対して、自分の思っていることを全部正直に話しました。授業でやったことの応用問題をたくさん出したので、難しい(イジワルな感じ?)テストになってしまい、私も反省する部分はあったということ、その一方、平均が低かったこと以上に、授業プリントを勉強していないのが明らかにわかる答案が今回は目立って、かなりショックだったということ。

生徒のなかには真剣に耳を傾けてウンウンうなずいたり、授業後に「ちゃんと勉強します」と宣言したり、今度の席替えでは一番前に座って勉強したいという意思を伝えに来たりしました。そういう生徒は、もう何も言わなくても、次のテストのときにはちゃんとやることと思います。

問題は・・・開き直りの生徒。ずっと出していなかった提出物を提出しに職員室を訪れたときに、自分は卒業できる成績さえ取っていればいればいいんだ、と言った生徒もいました。今日の私の話を完全に無視されるよりは、自分の意見をちゃんと伝えに来てくれたので、ある意味は良かったのですが、返事にとても困り何も言えませんでした。

たぶん、出していなかった提出物を出したってことは、少しは成績のことも気にしているんだろうし、どこかで学校の勉強もちゃんとやらなくちゃ、っていう気持ちはあるんだろうけど、そういう葛藤のある生徒には何て言ってあげればよかったんだろう?
スポンサーサイト

よく覚えていたね。
授業が始まってすぐ、男子学生が「スィコビー」と叫びました。スィコビー???なんだそれ?と思っていると、前回の授業で何度も音読したsick of it(「それにウンザリ」)のことでした。なんでも彼のなかでは「最近のアツイ表現」だとのこと(笑)。

覚えたのはそれだけ~?と聞くと、いやいやbe fed up with(うんざり)も覚えていますよ~とのことでした。

恐るべし洋楽の威力。

今日は前のクラスと同じGAMMA RAYのMoneyという曲を扱ったのですが、一番下のレベルのクラスには少し英語が難しすぎたようです。同じ曲を扱うにしても、クラスのレベルによってやっぱり活動を変えないとなぁ・・・と反省。下のクラスは音読攻めにしようかな。

芽でいいから。
いろいろなジャンルの曲を聴く私だけれど、研究などにつまって苦しいときに聴く曲はいつも同じ。それはドビュッシーの「沈める寺」。この曲を聴くと、平家物語の冒頭を思い出し、しみじみというか、人生について考えさせられるわけです。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす
驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢の如し
猛き者もついには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ

よく覚えているなぁ、私。「沈める寺」自体は、海に沈んだ伝説の街が再び現れてはまた消えていくという展開の曲なんですが、どこが快感って、沈んでいた寺が徐々に徐々に厳かに現れるシーン。

私も早く、研究で芽を出したいよ・・・平家物語や沈める寺のように、滅んじゃうのは嫌だけど、でも後世に何かを残すのならそれも本望なのかな。

【沈める寺(演奏Pollini)】

何もかも中途半端。
一日中、中間テストの採点・・・

3年生は「100字程度で説明せよ」なんていう問題を出しちゃったもんだから、採点が苦しい・・・逃げ出したい・・・

それより・・・今回は2年生も3年生も平均点が大幅に下がりそうで、正直、そっちのほうがショックで仕方がありません。授業プリントを見直ししていれば、絶対に書けるようなところを、書いていない人が多いのです。

書けるようになるまでもっていかなかった自分の授業を反省すべきなのか、それとも、勉強をしなかった彼らにカツを入れるべきなのか。

ま、両方かなぁ。2学期に入って行事が多く、授業回数が10回に満たなかったので、私も生徒もお互いに中途半端になってしまったような気がします。

ちゃんと、テスト返却のときに、そういうことを話さなくちゃ。お互い、気合を入れなおして、期末に臨もう。
洋楽は良い英語教材か―その3
今日の大学の授業「洋楽で英語を!」での英語表現項目は

使役動詞make(~させる)
強調構文It is~that...(...なのは~だ)

学生は本当に必死に歌詞を読んでいました。なんてったって歌のタイトルが"Money"ですから、興味がない学生はいないわけです(笑)

強調構文、イヤでも覚えたことと思います。帰り際にはある女の子が、「やっべ~、メタル好きの友達に自慢しよっと!」と言って、メールしてました(笑)。

教員が嫌うような分野の歌にも、良い表現はいっぱい♪

-----------------
(今日の1曲:詳細はタイトルをクリックしてね★)
Money [GAMMA RAY]
ベイビーの訳。
歌詞に出てくるbabyの訳って、良い訳はないんですか?

そう学生に聞かれて、一緒になって考え込んでしまいました。彼によると、backstreet boysが大好きでよく聴くのだけれど、彼らがよく使う"baby"という歌詞の訳がどうも腑に落ちないというのです。

対訳ではたいてい、「ベイビー」、「ベイベー」、「baby」となっています。彼はそうした訳を「しっくりこない」と感じているのだとか。

その学生は「たとえ海外に留学して、英語を話せるようになったとしても、babyって呼びかけは恥ずかしくてできない気がするよ」と言っていました。私も同感☆

日本人の間では、そもそも、大事な相手への特別な呼びかけがありません。日本人男性のなかには、つきあっている女性に向かって「ベイビー」と言う人もいるかもしれませんが、決して一般的ではありません(笑)。結局、日本にはない概念なのだから、良い訳が生まれないのですね。

babyの名訳があれば、教えてください♪
え、そんなに?
高校の中間テスト期間が始まります。中間テストを作成したと思ったらもうテスト。そして、採点、成績処理と続きます・・・(T_T)これさえなければ、絶対に高校の専任になっているんだけどなぁ・・・

この前、高校の専任の先生(大学の講師もしている方)が、「私立高校の専任は、そこらへんの大学で働くよりよっぽど稼ぎはいいよ」とおっしゃっていたので、そういう方向も考えなくはないけれど、でもやっぱり高校の先生は体力的に無理だろうな・・・

なんて。夢はいまだに大学の専任。がんばらなくっちゃ。
何かを忘れている。
最近、なにかを忘れているような気がして仕方がない。

スケジュール帳を見ても、過去のメールを読んでも、何も見落としていないのに・・・なんでこんなに「なにかを忘れている」っていう気持ちになるんだろう!?何も忘れていなきゃいいんだけど、忘れていたらヤダなぁ・・・

高校の中間テストはもう提出したよなぁ・・・次の小テストも作成したしなぁ・・・授業プリントも・・・

ε-(;ーωーA フゥ・・・本当に何もなきゃいいけどな・・・
洋楽は良い英語教材か―その2
今日の大学の授業「洋楽で英語を!」での英語表現項目は

be tired of~, be sick of~, be fed up with~=~にうんざりしている
should have+動詞の過去分詞=~しておけばよかった
just when=~した途端
分詞構文(付帯状況)

でした。最初の「うんざり」表現は、まったく書けない学生もいれば(悩みがないらしい)、プリントの空欄に書けないくらいビッシリと「うんざり」を作文する学生もいて、おもしろかった~(笑)。

「~しておけばよかった」表現は、あまりそういう後悔がないのか、単語力が及ばないのか、手を動かせない学生が多かったです。書いたとしても、I should have studied English.という一文がやたらと目立ちました。本当にそう思ってるのかな!?

just whenや分詞構文(付帯状況)は、こちらで用意していた問題をなんなくクリア。やっぱり文法書で学ばせるより、洋楽のほうが手っ取り早い☆それに、学生の習得率も高い!

帰りがけには学生達が、Sick of it!を連発していましたよ(苦笑:be tired of とかbe fed up withのほうを使うように勧めておきましたが)

-----------------
(今日の2曲:詳細はタイトルをクリックしてね★)
Sick Of It [CAGE9]
Here It Goes Again [OK GO]
黒板のよさ。
高校の授業では、2学期からお試しとしてパワーポイントを使って進めていましたが、今日は久しぶりに黒板を使ってみました。

いぃ~☆
黒板ってやっぱりいぃ~(笑)

パワーポイントって、いろんな色を使ったり、アクションつけたりできるので、確かに生徒をひきつけることは可能なんですが、それに慣れてしまえばもうオシマイ。

それに比べて黒板は、自分の字で書いて、強調したいことは大げさに大きく書いたり、その場の生徒の反応を見ながら臨機応変に書く内容を変えたりできるのがいい。

というわけで・・・私のなかの今の段階での結論は・・・

「パワーポイントは、単語やフレーズのフラッシュカード代わりに使うのが効果的で、他のタスク等は全部黒板を使うのがよい」
資料のない勉強。
また高校の中間テストが近づいてきた・・・Y(>_<、)Y

今回は例年よりも多い休日と行事でさらに授業数が少なかったので、問題が本当に作れない・・・

生徒も不安になって、質問にきます。「先生、ほとんど授業がありませんでしたが、テストはどうなっちゃうんですか?範囲が少ないだけに、テスト勉強の仕方がわかりません・・・」

そのたびに私は正直に、「本当だね。少なすぎて私も困っているよ。これからまとめのプリントを作って配ろうと思うんだけど、どういうプリントなら勉強しやすい?」と聞いてしまう(なんて教師だ!)。

そうやって、いろんな生徒の意見を聞いているうちに分かったことは、生徒はとにかく「暗記するもの」を欲しいらしい。何かを暗記することで、勉強しているという実感が湧いたりするのでしょうか。

高校生のうちは仕方がないのかなぁ。暗記をして土台を築かないと先に進めないっていうことは確かにあるけれど・・・暗記することで満足し、暗記したものをテストにぶつけて満足する、それだけでは終わってほしくないなぁというのが正直なところ。

な~んて言っておきながら、私が「暗記じゃない勉強」の楽しさを知ったのは、大学院に入ったときでした。手元に何の資料がなくても、頭の中だけでイマジネーションを働かせてやるという勉強、それを知ったときには本当に心の底からワクワクしました☆

高校生のうちから、そういう楽しさに気づけたらいいんだけどなぁ・・・

というわけで、彼らの望む「暗記するもの」をテスト前に与える予定ではありますが、そのときに、こういう話もしようかと思います。
洋楽は良い英語教材か―その1
今日の大学の授業は、洋楽2曲を使いました。前にブログで宣言したとおり、後期の授業は洋楽だけで英語を学ぶ、というのをやります。どうしても、やってみたいのです(どのくらい効果があるのかを知りたい!)。

今日の英文法ポイントは
used to(以前は~だった)
no matter how(どんなに~ても)
whatever(何を~ても) 他関係詞

reading, listening, speaking, writingの4技能を網羅するプリントを作っているんですが、writingのタスクをするときには特に盛り上がりました。

used toの英作文では、みんながかつて何をしていたのか、どんな風だったのかが分かって面白いし、また、whatever, whereverなどを使って片思いの相手がグッとくるような英文を書こう(判定は私)、というタスクのときには、みんな必死でした(笑)。指示をしなくても、学生同士が互いの英文を読んで笑ったりしていました☆

これは大進歩です。だって、英語が嫌いで苦手で、これまでは英語を書くことを拒んできた学生ですよ!?

ちなみに、私の判定で「おぉ!」って思った英文は、

Follow me wherever I go.(俺がどこへ行こうと、ついてこい)

でした。
-----------------
(今日の2曲:詳細はタイトルをクリックしてね★)
Missing You [BACKSTREET BOYS]
Right Here Waiting [RICHARD MARX]
苗字か名前か。
日本人と英語のemailをやりとりするとき、どうして下の名前を呼び名にするかが未だに理解できません。

会って日本語で話すときには、「こんにちは、佐藤さん(苗字)」といった挨拶なのに、英語によるemailのやりとりになると、"Hi, Hanako(下の名前)"。

もちろん、相手がそうしたいのなら、私は本当に一向に構わないし、相手に苗字で呼ぶことを押しつけることも全くしませんが、この下の名前を使ったメールを読むたびに、どうもしっくりこない感覚に襲われるのです。

やっぱり日本人なんだなぁ・・・私(笑)。

私は個人的にはそう思うんですが、下の名前で呼んだり、下の名前を英語を書いたりする日本人は、本当に心地は良いのでしょうか。意見を聞いてみたいなぁ・・・
余談。
引っ越しを考えていてある不動産を訪ねたのですが、そこで不愉快な思いをしました。

香水プンプンのお姉さんに、いきなり「あなたは審査で断られるかもしれませんね~」と言われたのです。

理由を尋ねると、職業欄のところに私が書いた「フリーター」というところを指差して、「今じゃ、しっかりした職業についていないと断られたりするんですよね~。失礼ですけど、お仕事の内容は?」との返事。

「えっと・・・学校で非常勤講師をしています」と私。

「あ、そうですか。でも、正社員みたいなものとは違うんですよね。今は公務員とかお堅い仕事じゃないと断られたりするんですよ~。そうすると、契約のためにお申し込み頂いても、審査に通らなくてお互い困るんですよね~」

「そうですか・・・」

「ちなみに広い物件をお探しのようですが、お一人ですか?」

「はい、物が多いので広めがいいんです」

「でも、お一人でしょ?お一人だったら、そんなに広くなくてもいいんじゃないですか?」

「はぁ・・・」

「それに、ご希望の地域にはそんなに物件はないし、こっちの地域はダメなんですか?」

「はい、○○地域がいいんです」

「でも、こっちの地域は位置的に○○地域とそんなに変わりませんよ」

会話をこれ以上続けるのはちょっと難しいと思って、その場を離れました。教員という職業を否定されるわ(ってか、教員はお堅い仕事ではないの?)、希望の広さを否定されるは、地域も否定されるはで、絶対に自分の住みたい物件は見つからないと確信しました(苦笑)。

社員研修をしていないのでしょうか。会話がどれだけ大事か分かっていないで商売をしているなんて、正直、かわいそうだと思いました。

職員室内の英語。
最近、職員室のなかでは、ネイティブの先生と英語での会話が増えてきているのですが、みんな日本語と英語の超コード混合(笑)。

これが、本当に心地がいい。

英語をしゃべっていても、うまく表現できないときはパッと日本語の単語を使ったり、ネイティブの先生も日本語を話していてうまく表現できないときには英語の単語を使ったり。

これを「英語コミュニケーション・日本語コミュニケーション」と呼んでいいのかは分からないけれど、間違いなく「コミュニケーション」ではあると思う。もしそこに、「絶対に日本語を使ってはならない」、「絶対に英語を使ってはならない」、というコード単一主義のようなものがあるなら、私は話をすること自体が苦痛のように思う。

I've never 仮病ed.(仮病を使ったことがない)

今日は連休の初めだったので、専任の先生の仮病(だと思われる)欠席がものすごく多かったのですが、それに対して、ネイティブの先生が発した表現。見事な現在完了形だわぁ(笑)。
まさか筆写を・・・。
4月からずっと、高3の上級クラスでは、速読英単語上級編の本文筆写を宿題としてきました。全部で50単元あり、とうてい2学期中に終わる量ではないと思って諦めていたのですが・・・なんとここにきて、自発的に全部の単元の筆写をして持ってくる生徒が出てきました。

私が高校生だったら、考えられない・・・

すばらしすぎる勉強意欲・・・

最後まで終わらないけど、できるところまででいいっか、と考えていたことが恥ずかしく思えました。
改めて知るということ。
今日、大学の授業でやった洋楽タスク(1曲選んで分析)は、最後に自分のコメントを載せる欄をもうけているのですが、興味深い意見がいっぱいありました。

---一部抜粋---
*タイトルは知っていましたが、歌詞が分かるということが、とても面白いと思いました。
*メロディーだけでなく、歌詞の内容も切なかった。
*歌詞の意味を考えることがなかったが、翻訳したら、よくわからない歌詞だと思った。でも「ノリ」が良いからいいと思う。
*自分なりの和訳を考えながら歌詞をみるのはおもしろいと思いました。
*歌詞をしっかり見てみると、悲しくて切なくなった。今までよりももっと好きな曲になった。
*初めて洋楽の歌詞をしっかりみたけど、思った以上に楽しかった。
---------------

私自身も初めて歌詞の内容と向き合ったときには、すごく感動したのを覚えています。単語や表現を新たに知るという喜びもありましたが、それ以上に、歌詞の表面だけには現れないストーりーを読み取れたときには言葉にできない満足感を得られました。

そういう感動を少しでも味わえた学生がいたようで、本当に良かったデス♪
研究者の資格って?
大学の後期の授業内容は教員にほぼ任されているので、準備が楽しくてしかたがなくなってきました★洋楽を主に扱う!と決めてから、かなり洋楽を聴いているのですが、やっぱり歌詞ってすばらしい英語教材♪(参考サイト:洋楽で楽しく英語を学ぼう!http://penglishes.blog120.fc2.com/そして、何より自分の大好きな音楽を仕事に結び付けられるのが最高。(何を隠そう?私は高校生のときに音大を目指していたくらいなのデス)

研究もこのくらい楽しかったらいいのになぁ・・・

というのも、今日は後期最初の大学院のゼミがありました。必ず毎ゼミ一人一回、みんなの前に出て進捗状況を話さなくてはならないので、それが苦痛~。いつも誤魔化しで、前の晩にネットで調べたことをWordにコピペして発表しています(笑)。真剣に応じてくれる指導教授には非常に申し訳ないのですが・・・

ただ、付け焼刃で考えたことでも、発表をすると何かが一瞬見えてきそうになるから不思議。家の中で長時間悶々と研究テーマについて考えていても、な~んにも真新しいことが思いつかなくて辛いのに、ゼミの前夜になると、そのわずかな時間にちょびっとヒラメク。

研究って、そんなんでいいのかなぁ・・・?っていうか、コツコツ型でもないし、研究を楽しんでいない私は、研究者になる資格があるのでしょうか?

う~ん・・・。
洋楽についてのアンケート。
大学の後期授業が始まりました。今日は前期のTOEICスコア返却、後期の授業内容の説明、洋楽。洋楽については、次のアンケートをとりました。

①英語の授業で洋楽を聴いたことがあるか
②あれば覚えている範囲で曲名・アーティスト名を
③普段聴いたりしている好きな曲・アーティスト
④授業で扱ってほしい曲・アーティスト


結果・・・
①8割以上YES
②私がABCと読んでいるもの(ABBA, Beatles, Carpenters:笑)
③NE-YO, Black Eyed Peas, Offspring, Linkin Park, Backstreet Boysが多かった
④いろいろ、という答えが多かった


で、今日は自分の選んだ1曲についてインターネットを使っていろいろと調べてもらいました。みんな、けっこう真剣でした★英語が苦手な学生たちでもいつも以上に集中力があったし、なんといってもmixiとか別のサイトをコソコソ観ている学生が少なかった!そして・・・私が一番楽しんでいたかも!?

というわけで、後期は『洋楽で学ぶ英文法』の授業にします♪宿題も、毎回15個くらいの英文暗記(文法項目ごと)+自分の選んだ洋楽1曲を分析というハードなものです。ついてこれるかは・・・おそらく今日の様子だと大丈夫でしょう。


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。