妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぎゃ。
完全オフなんてとんでもない!忙しくて忙しくて死にそう!
スポンサーサイト

ぐすん。
同時にさまざまな仕事を抱えていて、頭が回らなくなってきました・・・授業準備に、授業に、採点に、就職活動に、学会事務に、論文査読・校正に、営業に・・・(んで、学生業務も・・・)

ってか、私って何者?何をする人だったっけ?

というわけで、明日はオフ。完全オフにします!(宣言しても、どうせ仕事することになりそうだ・・・)

。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
難しい単語を、1つでも多く覚えさせる方法。
学生にとって、あまりにもたくさんの難易度の高い単語や熟語がテキスト等に出てきたときにどうするか。

その場で、「さぁ、今から全部覚えよう!」といって、ペアで音読させて、暗記して、テストし合って覚えさせるのも一つの方法だと思います。やや難しい単語や熟語ならそれで充分にやっていけますが、かなり難易度の高いものだと、結果的にそういう作業が無駄になってしまう(覚えられない)可能性もあります。

こういう時に私が使う手は、やっぱりビンゴ

プリントには、5×5のマスを作り、マスの下にテキストに出てくる難しい単語や熟語を、日本語つきで載せるだけ(?)です。

ビンゴは英語の授業に取り入れれば、もはや単なるゲームではないと思います。単語を選ぶときには、「自分の好きなものを選ぶんじゃなくて、『私が』選びそうな大事だと思われるものを選ぶんだよ」と一言添えれば、その授業での私のセリフ(これは大事だよー!とか)を思い出す復習行為になるし、単語をマス目に入れるときには、必ず書きの作業になるし、ゲームが始まれば、読み上げる単語や熟語の音声を必死に聴き取ろうとするし。

リーチになった時なんて、ビンゴになるためのあと一つの単語を、頭の中で繰り返したり、目でじっと見ているはずです。

下手に時間をかけて暗記作業をさせるよりは、けっこう頭に入っていると思います。

最初にマス目を埋めてもらう段階で4分ほど時間がかかりますが、ビンゴが始まってしまえば、10分もかからずに終わります。授業の最後にやれば、盛り上がって、お互いが気分の良いまま授業を終えることができ、最高☆

今日の授業も楽しく終えました(^ー^)ノ
事故つづき。
ちょうど十日ほど前の朝6時すぎ頃だったでしょうか。「ドン」という音で目が覚めました。しばらくすると近所がざわつきはじめ・・・自動車事故でした。うちの右手にある交差点。自動車が曲がり角の石壁につっこんだ状態で、壁は完全に崩れていました。車の正面が家にまで到達していなかったので、不幸中の幸いだな・・・そう思いつつ、うちからのあまりの近さに、しばらく交差点は気をつけようと思っていました。

そして

今朝6時すぎ。今度は「バーン」というものすごい衝撃音と家の揺れ、地鳴りで目が覚めました。寝室の真正面の窓を開けるとすごいことに。トラックと自動車の衝突・・・生々しいブレーキ痕、ガラスの破片の山、片方の靴。しばらくすると、近所の人が外に出始め、そこに警察と救急車が到着。誰がどうなっているのかとか、じっくり見ようかと思ったけれど、警察の「聞こえますかー?」とか「がんばれー!」の声に、誰かが怪我しているのが明らかに分かって、家の中で足がすくんでしまいました。

はぁ。だんだん事故現場が近くなる・・・

気が重たい・・・

思わず、いつも大事にしている亡くなった祖母の写真に手を合わせる私でした。
簡易ディベートで白熱。
テキストのユニットタイトルがMen and Womenで、Women should marry and have children.(女性は結婚して子供をもつべきだ)とか、男は愛人を作っていい、などといった内容の文章が12個ほどあったので、意見を戦わせたらおもしろいだろうなぁと思ってやってみました。予想以上に白熱し、全員が1時間以上英語をしゃべりっぱなしという状況になりました。

<やり方>
1.ジャッジ1人+賛成派1人+反対派1人、計3人で1グループを作る。

2.ジャッジがテキストのMen and Womenに関する文を読み上げる。

3.ジャッジ以外の2名は、早いもの勝ちで賛成派、反対派になる。

4.4分間で意見を戦わせる。その間、ジャッジは耳をよく傾けたり、あいづちを入れてディベートをうまく進行させる。

5.4分後、ジャッジがどちらの意見がpersuasive(説得力がある)だったかを判定し、勝ったほうにシールを一枚渡す。

6.ジャッジ以外は席を移動し、同じことを繰り返す。
sticker
100円ショップで買った「賞」シール


いきなり意見を、といっても出てこないと思っていたので、前もって宿題として「賛成意見と反対意見の両方」を簡単に書いてくるように指示していました。宿題をやっていなかった人は、その場で考えなくてはいけないため少しつらそうでしたが、まぁそれも試練ということで。

シールをゲットするために、全員が思いっきり意見を戦わせていました。英語があまりしゃべれない学生も、「アイ..............................シンク...............................ユー................................バッド!(相手が間違えていると言いたかった)」と、諦めずにがんばっていましたし、そんな片言でも議論に勝ち、シールをたくさんゲットできたことに喜んで、授業後に報告に来てくれました☆

意見を戦わせるときは、やっぱり文法なんかよりも、内容が勝負なんだと、こちらも改めて実感できました。

またいつかやろうっと(^ー^)ノ
ありがたい?
「今日の」再履修クラスは、いつも3名ほどいるのに、1名でした・・・1名を相手に、前に立って授業をするというのは私側からしてみれば酷な話です。まぁ・・・思い切って長く雑談時間を取りましたが(そうでもしないと、お互いに無理!)。

普段、学生が目の前にたくさんいることが当たり前だけれど、こういう状況も経験してしまうと、学生がたくさん教室にいることが、ありがたくさえ思えてきます。実に変な話だけれど。

さぁ、今週もあと一日、がんばるぞーーーー!!!
(今日、2回も地震雲を見たので、皆さんお気をつけください~!)

緊張すると本当にトイレに行くんだ。
プレゼンテストをしました。発表前には、緊張してトイレに駆け込む学生が続出。でも、準備をサボって緊張していたのではなく、一生懸命に準備したからこその緊張だと明らかに見て分かったので、トイレに行く姿を見ては「よしよし」と思ってしまいました(笑)

全部で7グループなので、1人に6枚の紙を配布し、各グループの発表内容のメモを取ることと、感想を書くことを義務付けたところ、発表する側も発表を聞く側も必死になる充実した時間となりました。

全グループが発表を終えると、その瞬間にチャイムが鳴り、「お~!ぴったり!」の歓声が(笑)なんか、私も気持ちよかった~★

発表のテーマ?

ジェスチャーについてで、ジェスチャーに関することならなんでもOKにしました!テキストに載っていたトピックで、プレゼンをしやすいだろうなと思って選びました。なんでもいいよとは言ったけれど、たいてのグループが文化差について発表していました。

特に印象に残ったグループは、聴衆を巻き込んでの発表。Please raise your hand!とか、いろんな国のジェスチャーを実際に聴衆側にやらせては、どんな意味かを想像させるという発表で、聴衆側も楽しんでいました。

発表の間、私はといえば、発表を聴き取るのと、表情を見るのと、audience側がちゃんと聞いているかを見るのと、そして・・・デジカメを撮るのでいっぱいいっぱいでした( ̄Д ̄;;

デジカメ・・・本当は動画を撮りたかったんですが、ビデオを準備する時間はなかったので今回は断念。でも、いろいろな表情を写真に収めることができたので、今度の授業で学生たちと見て、発表の反省会のようなものができたらなぁと思います。それから、全員が書いた各グループの感想文も読みまわしたいと思います。
英語の発音。
最近(いつも?)、音読が楽しくて仕方がありません。学生のたどたどしい読み方が、授業の終わる頃にはスムーズになっているのが、本当に嬉しくてたまりません。それに、全員ではないけれど、一部の学生が「おぉ、うまく発音できた!」と喜んでいる姿を見るのもたまりません。

今日はwillがたくさん出てくる文章だったので、「willってね、ウィルって発音しないでウィゥって発音する地方があるんだよ」と言うと、みんなウィゥウィゥ言い出して、自分の出す英語っぽい発音に感動してました。

英語は伝える内容が一番大事で、発音なんて正直下手でも構わない、というのが私の本音だけれど、「発音がうまくなりたい」と思っている学生は実際にはとても多いし、授業中に発音とか何かができるようになって満足するっていうのは、授業には必要なことだと思う。

だから、しばらく音読重視で。
o(*^▽^*)o~♪

で、午後の再履修クラスは今日も学生ゼロでした(笑)。もう、来る気は完全にないのかな。
読んでほしいな。
学生は、オバマとクリントンへの手紙を見事に書き上げました。学生の9割がオバマ支持で、1割がクリントン支持だったため、少し偏りましたが・・・内容はすばらしいと思います。

なぜ支持をするのかを書いたら、手紙をもらう側は嬉しいと思うよ。

の一言が学生には大きかったようで、オバマとクリントンの公式ホームページに載っているマニフェストややらスピーチを真剣に見聞きしていました。ホームページの英語はかなり難しく、単語を一生懸命調べたり、分かる単語をつなげて内容を推測したり、友達と助け合ったりと、必死な様子が伝わってきました。

授業後には・・・

疲れたー

の声がいっぱい聞こえました。一番聞きたい言葉(別に私はSじゃないです)が聞けて、今日は少し満足☆
後味が悪いのは私だけ。
宿題をやってこない学生が数人いて、グループ発表準備が滞りました。少し頭にきて、図書館に行って資料をすぐに取ってきなさい!と言ってしまいました・・・でも笑顔で、でね( ̄Д ̄;;

伝わる。
PCを使った英語の授業。授業スタイルが毎回ほぼ同じなので、どんなレベルの学生でも英語による指示が伝わるようになってきました。一番下のクラスだと、まだちょっと指示を出してもポカーンとする学生が多いものの、上のほうのクラスは、指示前に動きだす学生がいるほど(さっと、あるページにアクセスするとか、ノートを用意するとか)。1年後には、みんなが英語の指示を聴き取れるようになっているといいな(^ー^)

TOEICの授業。お昼休み後ということもあって、居眠りする人が多いんじゃないかと当初は心配していましたが、みんな頑張って起きています。もっとみんなに喋らせたいなぁと思いつつ、テキストをこなしていかないといけないこともあって、そのバランスがうまくいきません。主体的に、という意味では、毎回授業の途中や最後に、日本のマンガの英語版(Manga)を見せ、その日に習った表現を使った英作文をさせています。これはなんとなく楽しそうにやっているので、続けたいと思いますが、できればもっと「話す」ことを入れたいなぁ・・・

別の英語の授業。今日はJim Henson's Storytellerを観て、ストーリーの要約を書いてもらいました。時間が思いのほかなくなってしまい、要約を最後まで書けた人が1人だったのが残念。というか、私の反省点。
投票。
グループワーク中に友達同士で日本語を話してしまう、という問題。ベストな解決策はまだ見つかっていません。今日は、「グループワーク後に、グループ内で今日英語を一番よく喋った人を投票で決めてもらうからね~」と言ったところ、まぁ、普段よりは英語がよく聞こえました。それでも日本語もたくさん聞こえました。

グループで一番投票された人には、ボーナスポイントをあげることになっているので、授業後に個人カード(カルテのようなもの)に目立つようにスタンプを押しておきました。次の授業で、この個人カードを見たら、また態度が変わるかな。

しばらくこの方法で様子を見ていこうと思います(o^∇^o)ノ

うるさくても。
今日のクラスは、音読個人練習のときに声を出しにくそうだったから、バックミュージックとして洋楽をかけてあげました・・・パンクとかじゃなくて、ディズニー系ね(笑)。そうしたら、声はあっという間に出るようになって、練習もしっかりできました。全体音読も、すごくよく声がでていて、一生懸命真似していました。

でも、隣のクラスにとってはうるさかったようで・・・授業後にそのクラスの先生に睨まれた、ような気がしました。

ま、いいんだ、いいんだ、誰に睨まれようが。遊びで音楽かけたんじゃなくて、学生の声だしの為にかけたんだから(^ー^)

午後は例の「学生ゼロ」再履修クラス。今日もやっぱり一人も学生が来ませんでした。学務課がこれだけ全員に連絡していてダメなんだから、もう前期は来ないことでしょう(苦笑)。
英語だけの授業と日本語を使う授業の学生の反応の違い。
連休ど真ん中でしたが、休んだ学生はほとんどいませんでした!

パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパチ

もちろん、欠席回数が基準を超えると単位取得が難しくなる、という理由もあるんでしょうが、それでも休まずに来たのはえらい☆

ところで、英語だけで授業をするようになって気づいたことがいくつかあるんですが・・・

(1)学生が顔を上げている時間が、日本語を使う授業に比べてはるかに長い。日本語だったら、下を向いていても耳に入ってくるのに対し、英語だとそうはいかないのでしょうか。

(2)私語が少ない。英語による作業指示を聴くのに必死なのでしょうか。

(3)学生のあいづち(うなずき)がかなり大げさ。悪いことなのではなくて、正直、そういう反応は嬉しいです。日本語を使っていたときは、反応が悪いと、「ね?ね!」と言っては無理やりうなずかせたりさせていましたから(笑)。



カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。