妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷蔵庫の故障。
朝から大変な1日でした。起きて居間に出た瞬間、水浸しの床を見て唖然。水道管が破裂したかと思って穴を探しまくりましたが、水道管ではなく、冷蔵庫の故障でした。

かなり古い冷蔵庫(霜つき)なので、次から次へと水が・・・タオルを何枚も重ねるも、水が出るわ出るわで、冷蔵庫は買いに行けない状態だし、パニクってなぜか親に電話してしまいました(笑)。

ようやく水の量が減ってきたところで、自転車を飛ばしてラオックスへ。お店の人に事情を話して、即日配達してくれるか聞くと、早くても明後日との返答。明後日まで冷蔵庫と冷凍庫の中身を放置できるわけもなく、安いラオックスは断念し、ヨドバシへ。

冷蔵庫コーナーに行くと、まず「即日無料配達」の文字が目に入り、一安心。時間もまだあるということなので、じっくり吟味。目をつけたのは、ナショナルの2つの冷蔵庫。1つは小さめで39,800円。もう1つは少し大きめで52,500円。大きめのほうがもう少し安くなればと思い、値段交渉すると、ジャスト50,000円にしてくれたので、大きいほうを購入。

レジのところでお店の人に、「即日配達でホントに助かりました!」と言うと、「皆さん、故障でかけこんできていますよ。ここ数日、暑い日が続いていたので、新しいのはともかく、古いのは故障しやすいんですよ。」との返事。やっぱり、暑さのせいなんだ・・・。

購入後、やることがなくなった私は、故障したまま放置していた外付けHDDも修理に出し(中身は消えるらしい・・・)、つい先日実家で発見した何十年も前の一眼レフの水銀電池を探しまわり(なかったけれど、対策は教えてもらった)、ついでに昔よく通ったカフェにまで行ったりして、最終的には充実した(?)1日を過ごしてしまいました。

帰ってからは、冷蔵庫と冷凍庫の中身を涼しいところに避難させたり、届いた冷蔵庫が予想以上に大きかったので、居間のインテリアまで変えなくてはならず、疲れました。

明日は今日できなかった分の仕事もしなくちゃ(T_T)
スポンサーサイト

人生で最もハードな・・・。
午前中、ひと仕事。そろそろ次の就職活動の準備を始めないと、というわけで、知り合いの先生に様々な情報を頂いてきました。今度、受験を考えている大学は、面接がハードで有名なところ。受けたことのある先生方は一様に、「あれは人生で一番つらかった面接だ」と言います。面接の模擬授業はたいてい10-15分のところ、30分以上あること自体がまずツライんだそうです。あとは・・・ここでは言えません(苦笑)。

でも、どんなにハードでも、けっこう腹は据わっているので(「落ちて当たり前」と思っている)、やることをやるのみ。

焦っても仕方ないので、英語をブツブツつぶやいたり、模擬授業を考えたりしながら公園に立ち寄ってみました。たまに日本庭園(しかも入場料¥150!)を散策するのも、気持ちがリフレッシュします。

-----------------------------------------------------
[今日の一枚: 殿ヶ谷戸庭園HPはコチラ]
tono
[アップは画像をクリック!]
2008.7.27 ミシュクのコンサート。
以前から、聴きたい、聴きたいと思っていたウラジミル・ミシュク(ロシア人ピアニスト)のコンサートが、思い出のある初台[オペラシティ]であるということで、行ってきました。

[プログラム]
ベートーヴェン
 ピアノソナタ第13番変ホ長調op.27-1
 ピアノソナタ第14番嬰ハ短調「月光」op.27-2
 ピアノソナタ第17番ニ短調「テンペスト」op.31-2
ショパン
 24の前奏曲 1~24すべてop.28

[アンコール]
ショパン
 夜想曲第2番変ホ長調op.9-2
 ポロネーズ第6番変イ長調「英雄」op.53
ドビュッシー
 月の光

来日公演累計300回を突破だそうですが、いまだにチケットが完売するコンサートなので、どんなにすごいかと期待をしていましたが・・・

正直、私との相性はよくありませんでした。
。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

ピアニストとはいえ、やはり人間なので、ミスを隠すためにオリジナリティを出したり、うまくごまかすのは仕方のないことなのですが、その方法が私には向いていませんでした。

というか、ミスが多すぎ。雑。まるで酔っ払ってロレツが回っていないような演奏でした。

次は聴かせどころだ・・・と思って、気持ちが高ぶっていると、たいていそこでミスをするので、心地がものすごく悪かったです。具合が悪かったのでしょうか。いつもこのような演奏なのでしょうか。

私は、決してカンペキを求める人間ではないのですが・・・やはり限度っていうものがあります(泣)。ミシュクは必ず、コンサート後にCDを購入した人を対象にサイン会をするそうで、コンサート開始前はサインをもらう野次馬気分でいたものの、コンサート後はすっかりサインをもらう気も失せ、そのまま帰宅しました。

私が期待しすぎちゃったのかな!?

と思って、帰宅後にYouTubeでミシュクの動画を探してみたら・・・ありました。



ちゃんと、丁寧に弾いているではないか~!こんな音をコンサートでも聴きたかったです・・・。

と、厳しい批判はここまで。素晴らしいなぁと思った音は、左手の出す音。これは本当にすごいと思いました。どのくらいすごいのかを言葉で説明できないのが残念ですが、左手の音の響かせ方は本当に神業だと思いました。今まで聴いてきたピアニスト達の音の中で群を抜いていました。
(^ー^)ノ
R大学の講師控え室。
今日はR大学の講師控え室の様子をお話したいと思います。

R大学の講師控え室はキャンパスの一番奥にあります。入口には警備員の方が1名、必ず立っています。中に入ると受付もあるのですが、この受付の機能は今のところ分かっていません(お話したことがほとんどない)。

控え室は教室のようなところと、カフェのようなところに分かれています。実は私はどちらもほとんど利用していません。様子を見ていると、やはり、T大学のように席が決まっている感じがします。

荷物置場は・・・ロッカーがあります。といっても、個人ロッカーではなく、その日だけ使える鍵つきロッカーです。座席に荷物を置くことは禁止されているので、他大学のように置きっ放しで授業に向かうことはできません。つまり、常に自分の荷物は持ち歩くことになります。また、自分専用のトレー(郵便BOXみたいなもの)もありますが、大学側から「学生の名簿すら入れてはならない、個人情報保護法の関係で」、みたいなことを言われているので、結局ほとんど使っていません。たまに、次の授業準備が進んでいて、学生に配布するコピーがあるときに入れておくくらいです。

カフェのようなところの奥にはPC室と、教室で使うAV機器系を担当している方が1~2名いらっしゃいます。PCの貸し出しなどは、教員AV機器登録カードを使います。この登録カードが何のためにあるのかは、今のところ分かりません。

コピー機は3台、リソが1台あり、自由に使えます。コピーカードは必要なく、台帳に名前と授業名とコピー枚数を記入するだけです。R大学はT大学と違って、コピーをとる人が少なく(良いのか悪いのかは?)、朝早く行かないとコピーが間に合わない、ということはありません。

それから、お茶は飲み放題です。ですが、何より嬉しいのは、講師控え室の中にある自動販売機のペットボトル・缶ジュースが安いということです。1日のことを考えると、飲み放題のお茶ではなく、そちらを買ってしまいます。

講師控え室での私語は・・・週に1度、仲の良い先生とお話するくらいです。私はR大学は一年目なのでまだあまり知り合いの先生がいませんが、この大学では挨拶をして無視されることはありません。また、外国人の先生も多いので、声をかけてくれることもたまにあります(「学生はここでコピーしちゃだめだよ!」、と怒られたこともありますが苦笑)。会釈したり、簡単な会話を交わしたり、世間一般からしたら常識的なことかもしれませんが、そんなことでも嬉しくなってしまうほど、普段まともに話せる相手がいないのです。

そんなR大学講師控え室ですが、一番助かることはPCがたくさんあることです。何かあってもすぐプリントアウトでき、また授業が終わった後に、パッとその日の出欠状況を入力できるのは非常に有難いです。

会話★☆☆☆☆
広さ★★★★☆
荷物置場★☆☆☆☆
コピー機★★★★☆
飲み物★★★★☆
居心地★★☆☆☆
T大学の講師控え室。
今日はT大学の講師控え室の様子をお話したいと思います。

T大学の講師控え室は図書館の横の小さな森(?)の奥にあります。入口には受付があり、午前中には2名、午後は3名の女性の方がいらっしゃいます。皆さん、挨拶が爽やかな方達です。

研究センターと呼ばれるビルの1階、ワンフロア分が控え室になるので、かなり広いです。そこに、長ーい一続きの机が2列。40~50名くらいは座れるのではないでしょうか。A大学と同じく、嬉しいのは、水、温かいお茶、冷たいお茶、コーヒーが自由に飲めること。多くの先生はコーヒーを召し上がっていますが、私は残念ながら飲めないのでいつもお茶にしています。

荷物置場は・・・ロッカーがあるといえばあるのですが、控え室から少し遠いということで、ほとんどの方が座っている場所に置きっぱなしです。大学に置いておきたいものは、自分専用のトレー(郵便BOXみたいなもの)に入れておきます。私は主に、名簿や授業で使うCDの予備などを置いています。

座る場所は、曜日によって大体決まってきます。皆さん、同じ場所に座る癖があるようなので、必然的に自分の座る場所まで毎回同じになってきます。というより、長く勤めている方が座っている場所に座ると怒られる、そうです(実際に怒られた人から話を聞きました)。席くらい自由でいいと思うんだけどな。

講師控え室での私語は・・・仲の良い先生とお話するくらいです。同じ英語の先生だからと言って、あまり知らない先生に挨拶すると、相手にされず(しょっちゅう無視~)悲しい結果になるだけなので、挨拶はそれでもしますが、深入りしないようにしています。言語を教える先生が、コミュニケーションの基本の挨拶をしなくてどーするんだ!と言いたくなるときもありますが、深入りせず。

コピー機とリソグラフは2台ずつあり、自由に使えます。T大学はA大学と違って、教員の数が多いので、朝は早く行かないとコピーできません。一度、授業開始20分前にコピーのところで並んでいたら、授業開始時刻3分前までコピー機が使えず、そのまま諦めてクラスに向かったことがあります。授業開始1時間前なら、余裕を持って使えます。

そんなT大学講師控え室ですが、一番好きなのは、どこの大学よりも自然に囲まれている、という点でしょうか。講師控え室の周りは特に自然が多いので、春先は本当に騒がしいくらいホトトギスが鳴き続けます。ホトトギスの鳴き声は、たまに聞こえるなら風情はあるのですが、連発されるとセミレベルにまで低下します。まぁ、贅沢なことです。

会話★☆☆☆☆
広さ★★★★★
荷物置場★★★★☆
コピー機★★☆☆☆
飲み物★★★★★
居心地★★★★☆
A大学の講師控え室。
今日はゆっくり自分の研究に取り組めました。やっぱり、授業準備がないと落ち着いてできるわぁ(*^^*)

-----
寝るまでにまだ時間もあるので、今日はA大学の講師控え室の様子をお話したいと思います。

A大学の講師控え室は本館の2階、学生のトイレの前の細い通路を抜けた奥にあります。入口には受付があり、1~2名の女性の方が常駐。

控え室の広さは12畳ほど、ソファセットが1つ、カフェのようなテーブルと椅子のセットが6つほどのこじんまりさ。嬉しいのは、水、温かいお茶、冷たいお茶が自由に飲めること。私はさすがにやりませんが、ペットボトルや水筒を持ってきて、そのなかに入れる先生もいます。一度、授業前に一気飲みをし、そのまま湯呑みをテーブルの上に置きっぱなしでいったら(戻ったらまた使おうと思った)、受付の方がキレイに片付けてくださいました。

ソファセットに座ってみたい、とは思うのですが、いつも男性の先生がで~んと一人座っているので、なかなかチャンスはありません。出講の曜日が変わったら、チャンスは巡ってくるのだろうか(苦笑)。

荷物置場は・・・ロッカーがあるといえばあるのですが、全部埋まっています。受付の方にロッカーの使用について聞いたところ、割り当てられているわけではないので、空いているところがあれば使ってよいとのこと。それならば、と思って、やっと空いているロッカーに荷物を入れたら、どうやら誰かがいつも使っていたロッカーだったらしく、後に受付の方に「先週、使ったロッカーは、別の先生がお使いになっているところでした」と指摘を受けました。というわけで、空いているロッカーはありません。本当は持ち歩くしかないのですが、それは本当にイヤなので、周りを信用し、椅子に置きっぱなしで授業に向かいます。

講師控え室での私語は・・・ほとんどありません。2人用テーブルに向かい合わせに座ったとしても、会釈くらいで特に話しません。一番話すのは受付の方です(といっても、挨拶くらいですが)。

前期の間に、A大学講師控え室で会話が成立したのは、たった1人の先生とだけでした。私がせっせとWriting Journalという学生の日記のようなものを添削していたときに、「それは何ですか?」という質問され話が広がったときだけです。それ以外、ありません。基本的に講師控え室はいろんな科目の先生がいらっしゃるからなのかもしれません。なんてつまらない世界。

コピー機とリソグラフは1台ずつあり、自由に使えます。朝早く行き、受付の方がいない時でも使いたい放題です。台帳に、何枚コピーしたと記入するだけです。混むことはないので、じっくり使えますし、コピー機の真横にある洗面台で自分の顔を見て、自分に気合を入れることもできます(笑)

そうそう、一番特徴的なのは、授業に向かおうと控え室から出ようとするときでしょうか。受付の方が直立して「いってらっしゃいませ」と言い、深々と頭を下げるのです。こういうことを日常的にされていたら、勘違いして偉い気分になっちゃうのでしょう。私はそれがイヤなので、受付の方が何か作業をされていて、頭を下げるような状態ではないときを見計らって、「失礼します」と一言声をかけて出発(?)します。

そんなA大学講師控え室ですが、一番好きなのは、どこの大学よりも陽の光が入って明るいことと、中庭の学生たちの聴こえてくるところです。

会話☆☆☆☆☆
広さ★★☆☆☆
荷物置場★☆☆☆☆
コピー機★★★★★
飲み物★★★★★
居心地★★☆☆☆
(★=1ポイント)
暑い中。
ようやく2つの大学の成績処理が完了。具合があまりよくないので、残す1大学の成績処理は・・・通年科目なんで・・・前期中にやる必要ないので・・・あとで・・・(?)。

今月中にあとやるべきことは、就職活動。末日までに1箇所、書類を提出します。そして、ある大学の面接が8月に入ってすぐにあります。つまり・・・それまでは準備で大忙しというわけです。

大学生の皆さんが、就職活動で大変な毎日を過ごしている気持ち、本当によく分かります。

面接の模擬授業は何をしよう・・・得意なところで、PCを使った模擬授業を考えてはいるけれど・・・ん・・・。
那須二泊三日。
(17~19日)涼しいはずの那須が、異様に暑かった・・・地元の人も皆、顔を合わせれば口をそろえて「暑いですね、おかしいですね」。クーラーなど準備していないのか、どこへ行っても扇風機か自然の風で対応していて、東京でクーラーの下にいたほうが涼しかったのでは?と思うほどでした。

テスト採点が残っているなか、少し休暇をとったわけですが、休み中はたっぷり趣味の写真の世界に浸ることができました。自分の中でのお気に入りの2枚は、コレ↓あぁ、観てる分には爽やかだ・・・(実際は、気温35℃)

f1


f2

そりゃね、一眼レフにすればもっと良い写真は撮れるんでしょうが、普通のデジカメでも満足。満足。
テスト日に休む理由。
授業はずっと出席していたのに、テストを受けない学生がいることには慣れてきました。理由として多いのは、

1位:「単位を諦めた」
2位:「(前日に勉強をしていて)寝坊した」
3位:「テストを受けなくてもどうにかなると思ってた」

教員側が、学生にテストを受けない理由を聞き出すなんてことは通常はしないんでしょうが、「もしかしたら、事故とか病気なのかも」と思うと、恐くなってすぐにメールを送ってしまうんです。そうすると、上のような返事が来るわけで・・・。その度に、軽いショックを受けます。

3位以下は、びっくりするような内容だったり、プライベートな内容なので書けませんが、それは、まったく理由にならないでしょ、というものが多いです。ただ、年々、どんな理由であっても、本当のことを話す正直者が増えてきているような気がします。んー、なんでだろう。

気持ちの良い(?)くらい、本当のことを話してくるので、正直、戸惑っています(もちろん、制度を覆すようなことは、周りの真剣な学生に失礼なので一切しないけれど)。
データ散在。
休日だけれど早起きをし、T大学へ向かい、成績処理作業を開始。昔だったら、手作業で大変だったんだろうなぁと思いながら、大学のポータルサイトやら、ALC NetAcademyの管理画面やら、授業掲示板Moodleやら、いろんな場所に蓄積されているデータを一つにまとめる作業をしました。

こんなにデータが溜まっていたんだぁと感心するほど、データが山ほどありましたが、同時に、まったくバックアップを取っていなかったことに気づき、これが全て消えていたら、私の手元には何も残らず、成績がつけられなかったんだ・・・と、正直、恐くなりました。

後期は気をつけよう。

といっても、名簿に記録をつけることはしませんけど(私にはできない:苦笑)。

T大学、成績処理完了。これからR大学の筆記試験の採点と処理だーっ。
ライティング・テスト。
A大学、前期終了!ライティングのテスト日でした。学生は約90分間、フルにPCを使って文書を作成していました。メールで添付ファイルを送る方法が分からない、という学生が数人いた以外、問題はありませんでした。

通年科目なので、すぐに採点の必要はないし、あとはA大学以外の成績処理だけです。

と思っていたら・・・

就職活動の面接が8月8日に入ってしまいました。また模擬授業の準備やらで、結局休めなさそうです。
・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
またね。
R大学前期終了。無事に終えることができて何よりです。脱落者も・・・少なめでよかったです(もっとも、ゼロだと良かったのですが)。

今日の1限のクラスは、週二回担当したクラスということもあって、学生との別れがよりつらかった・・・。クラスのみんなからプレゼントをもらったときには、嬉しさ反面、時間は限られていたけれど、もっといろんなことを教えてあげられれば良かったなぁ、という反省の思いでいっぱいになりました。また、帰宅して、プレゼントの箱に書いてある「ありがとう」のメッセージに気づいたときには、その反省の気持ちはさらに大きくなりました。ホント申し訳ない・・・。

でも、彼らはとても素直で、お互いに協力し合っているので、後期には、また別の先生の下でたくさんのことを勉強してくれることでしょう。

2限のクラスは、個人プレゼンのテストでした(マリーンさんのWRTクラスですよ!!)。プレゼンにあたっては、特にどんな要素を入れなさいとは言っていなかったものの、一人目から、アイコンタクトはちゃんと取るわ、資料をOHCで映し出すわ、構成はIntroduction → Body → Conclusion になっているわ、前期の間に学んだことをフルに生かしていて、レベルの高いこと、高いこと!(英語はおいといて・・・)正直、びっくりしすぎて、採点の手が止まってしまいました。

でも、なかには緊張して、声が震えてしまっている学生も何人かいました。後期の授業でもプレゼンはあるでしょうから、たくさん練習して、堂々と人前に立てる日が来ることを願っています。なんて、私も学会発表では、いまだに震えたりしますが(笑)

--------------------
【今日の一枚】IXY900IS 水族館モードで夕焼けをとると赤みがキレイに出ます
sky


なんでもこい。
R大学のテスト作成、終了!そして、明日で通常授業は終了!
ヾ(*゜ー゜*)ノヾ(。。*)ノヾ(*゜ー゜*)ノヾ(。。*)ノ

あとは・・・
A大学のWriting Journalという学生の日記の添削!13日まで!
雑誌の編集!14日まで!
T大学の学生の課題の採点!15日まで!
全大学のテストの採点&成績処理!今月中!

もう目は限界に近づいています!パソコンやら字やら、見すぎで目がズキズキしてます。頭も痛いし、吐き気もするし。でも、そんなこともガマンできる、あと少しで夏休みなら☆☆☆


大学のテスト。
今週はテストが2つ(しかも内容が異なる)あります。頭の中で構想は練ってあるものの、まだ何も作っていません。珍しく(?)気分が乗らないのです。家の書斎が、4月から徐々に溜まりつつある学生たちの提出物のコピー(提出物は添削して返してしまうので、全部コピーをとっているのです)が散在し始め、居心地が悪くなってきているからです。

が、

コピーが散在するのは、ファイルが足りないからだ。
片付けを始めてしまうと、テスト作りをやらなくなりそうだ。

などと言い訳をし、片付けは放棄中。まぁ、あとちょっとの辛抱。来週の月曜日で、すべての授業が終わるから(⌒-⌒)
遅延。
今日は前期テストの一部であるプレゼンの日。遅刻しないように、と先々週くらいから言っていたにもかかわらず、遅刻者続出。雨のせいで電車が遅れているらしい。

ただ、今日しかプレゼンの時間は取れないということ、そして、遅刻者がいるグループは全員が揃ってからプレゼンを行えばよいと思ったので、すでに揃っているグループからプレゼンを開始しました。それに対し、一部は不満をもらしていました(不満はよく聴こえるものです)。

不満をもらす学生には、「大丈夫、さすがにプレゼンを休むことはないと思うから、遅刻してでも来ると思うよ。待ってなね」と声をかけたものの、少々イライラモードから抜け出せず、目つきが鋭い感じでした。私に対して、というのもあったかもしれませんが、何より友達が来なくて不安と焦りの気持ちが大きかったのでしょう。

とはいえ、私はといえば心の中では、プレゼンの日に電車で遅刻をするのはあり得ない・・・と正直思っていました。そして、プレゼンの最中には、電車の遅延による遅刻者が続々と入ってきました。遅延証明を置くだけ置いていく学生がいたのを見ては、少し呆れました。

イヤな先生?でも、クラスの8割は遅刻しないで来ているのだから、ちょっとした心がけで間に合ったはずなんです。私だって、雨の日は普段よりも早めに家を出ます。

ついでにもう一つ。プレゼンの資料をグループ内で一つにしていないグループがありました。今日がプレゼンの日だというのに、資料を仕上げていないというのは考えものです。でも、ガミガミなどと怒る時間もなかったので、厳しい表情でメンバーの各々に私から指示を出し、資料を一本化させ、プレゼンをすぐに開始させました。

でも、これがけっこう正解だったみたいで、私が厳しい目つきで必死になって一本化させた姿を見て、また、他の学生がプレゼンの開始を待っている様子を見て、「やばいね、私たち、悪いことしちゃったね・・・」とメンバー同士で話しているのが聞こえました。ガミガミ怒るよりずっと効果があったようです。

プレゼンを通して、英語やプレゼンの技術を学ぶだけでなく、プレゼンに対するあるべき姿勢なども、自ら感じ取って学んでいってくれると嬉しいです。
金沢[3日目]
現実に戻る前に・・・観光。兼六園やお城を見るわけでもなく、なぜか「塩屋海岸」という所と「月うさぎの里」という所にたどり着きました。

k7 
+1/3 実際は思いっきり雲っています。

k8
+-0 実際には大雨です。

k9
+1/3 雨宿り中のうさぎさん。

「月うさぎの里」は、小さな村のような所なのですが、なんとも言えない不思議な空間。うさぎが放し飼いにされています。うさぎ中心かと思えば、犬、猫、蛙、なまず?といったオブジェもたくさんあります。その理由はさっぱり分かりません(^▽^;)

http://www.urusigura.com/

なにはともあれ、お疲れ、自分。明日は・・・授業か。
金沢[2日目]
会場で受付業務をしつつ、会場の内外の写真撮影(半分仕事、半分趣味)。

k4
IXY900IS マニュアル+-0
あざやかブルーとかを使ったら空の色がもっとキレイに出せたかな?

k5
マニュアル +1.1/3
暗い校舎を新校舎のように見せるには、露出を上げるべし。

k6
SCN 新緑/紅葉
IXYで気に入っているのはこの新緑モード。会場からの眺め。

午後は研究発表の司会を行いました。質疑応答の時間に、長くお話になる質問者(コメント者)がいるたびに、頭を下げて打ち切って進行させるのは、ある意味楽しい。だって、会場中のみんなが私の味方になってくれるのだもの(冗談)。

学会終了後は、市内のエクセルホテルで懇親会。そして、普段より早めの就寝・・・幸せ。

金沢[1日目]
明日の学会の受付の設営をしに会場入り。金沢は涼しいというイメージがあったのですが、東京と同じく湿気が多く、わずかな準備時間でも汗ダラダラ。

とはいえ、普段のように明日の授業準備をしなくても良い、という意味では仕事も楽しめました。

夜はホテルの近くでお散歩。大好きな写真撮影でもしようかと良い景色を探していると・・・武家屋敷発見。

k3
IXY 900IS マニュアル +-0 AWB

k1
IXY 900IS マニュアル +-0 AWB

夜景モードだと真っ暗になってしまったので、マニュアルで。三脚もなかったので、橋の柱に腕を固定して撮影しました。あぁ、一眼レフがほしいなぁ。

さぁ、明日は学会。ちょっとした発表に、しかも司会。まぁ、なんとかなるさ。

フライング。
土曜日は学会で大学の授業は休講だし、やっと、前期授業が終わった・・・と思ったら、思いっきりフライングでした。

親切な学生に、「先生、来週のテストの日の前に、まだあと一回授業ありますけどー」と言われてしまった(笑)

まぁ、あと一回なら、授業準備も楽しくできるってものさ(*^^*)



ところで・・・授業後に、一人の学生が私のもとに来ました。「欠席回数、今、何回になっていますか?」と。よくある質問なので、またかと思って顔を見ると・・・ん?だれ? 

じっくり顔を見ても認識できず、かなり焦りました。実は授業中から、「あれ?今日は違うクラスの子が混ざっている?」と気にはなっていたのですが、まぁ、他のクラスが休講だから受けに来たのだろうくらいに思っていたら、自分のクラスに所属するずっと来ていない学生でした。

というより、欠席回数は明らかにアウトでしょう。とは思いましたが、念のため、自宅のデータも確認したほうが良いと思って、その場は保留にしました。

いろいろ事情はあるにせよ、休んでしまって、みんなが得ていく知識を得られないというのは、本当にもったいない気がします。欠席回数や単位を気にするより、そっちを気にしてほしいな(^ー^)



さて、明日からは学会で金沢入り。あちらは涼しいのでしょうか!?
落ち込んだ一週間は。
時々、ですが、「これをやると何になるんですか?」と聞いてくる学生がいます。本当に心から疑問に思って尋ねてくる場合と、作業をするのがめんどくさくて尋ねてくる場合があります。前者は本当にすばらしい学生です。説明をすると、なるほど!と納得し、作業に励みます。後者は・・・笑顔で「つらいよね、でも、○○のために頑張ってやろうね」と説得するしかありません。

実は先週、後者のパターンの学生がいたので、「これは、こういうのに役立つんだよ」と対応したのですが、体調がものすごく優れなかったのと(先週のブログ参照・・・)、次の瞬間に別の学生から質問が挙がり、すぐにそちらに行ってしまったこともあって、普段だったら、単なるめんどくさがりの学生に対しても、かなり気をつけて丁寧に対応するところ、少し対応が疎かになってしまったのでした。

少し・・・いや、たぶん、笑顔も作らなかったように思うので、かなり冷たい感じになってしまったのだと思います。

そのせいか、ある仕上げの作業を、その学生はやらなかったのです。教室を出るときの表情を見ると、かなりムッとしている感じでした。学生のほうにも問題はあるのかもしれませんが、きちんと対応できなかった自分に腹も立ち、1週間、ブルーな気分を引きずりました。

今日はきちんと対応できなかったことを謝らないと・・・そう朝から心に決めて授業に向かうと・・・1週間前のことはどこへやら、その学生は屈託のない笑顔で、授業の最初に声をかけてきました。私もできるだけ心のワダカマリを見せないように接し・・・そして、いつの間にか、お互い心から笑顔で話していました。

1週間、ブルーで損したかな・・・(?)

いや、でも、このトラブル(?)によって、またまた初心を思い出さなくてはならない時期だったのかもしれません。笑顔は大切に。


カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。