妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告書って言われても報告することない。
(久しぶりに「大学院生生活」というカテゴリーを使ったぁ~)

提出しました、「研究成果報告書」とやらを。
在学中は毎年1月末にコレ↑を
指導教官に出さないといけないのです。

いつも思うこと。
これが書けるなら、とっくに博士論文を書いてるさ。
(苦笑)

毎年、毎年、何もしていないので、
研究成果報告書は何もないところから書かないといけないのです。
これはものすごくツライ。
でたらめ、というか、
過去に使った何かをつぎはぎ状態。

博士論文を
書くのか
書かないか

そろそろ本気で決断しないといけないな・・・

と、報告書を出した後に真剣に考えるつもりでしたが
やっぱり現実逃避で、部屋掃除。

部屋掃除といえば、処分できずに本当に困るものがあります。
それは、学生の提出物やらテスト。
「何かあったときのため」ということで
1年間保存しないといけない決まりなのです。
どこの大学にも、この規則はあります。

せめて、半年保存にしてほしい。
というか、テスト返却を学校側でしてくれるシステムにしてほしい。
(最終授業でテストした場合)
スポンサーサイト

今日の記事は長いので、時間と興味のある人だけ読んでください。
早朝、連絡が一本入り
一日かかる予定だった用事がなくなってしまいました。

ラッキー☆

ということで、相方Nikon D90を持って
気ままな一人旅に出ることに(笑)

何も考えずに家を出て電車に乗り、
とりあえず山が見えそうな方向に向かって、
まったく知らない駅で降りてみることにしました。

電車にはほとんど人が乗っていなくて、
途中さみしくなって降りた駅は・・・

01
高麗(こま)という駅でした。
埼玉県日高市というところまで来ていました。
→日高市観光協会

さて、改札を出るとビックリ。
受付のようなところがあって、
水色のジャンパーを来た人たちに
「ウォーキングに参加される方ですか?」と声をかけられらのです。

一度は「いいえ」と答えてその場を離れたものの
興味が湧いてきたので引き返し、参加を決意。
渡された地図を見ると、

西武沿線マンスリーハイキング1月コース?新春の高麗の里を歩こう!
歩行距離=約9km 歩行時間=約2時間15分
→西武沿線小さな旅ウォーキング&ハイキング

けっこうあるかも・・・と思いつつ、いざ出発ρ(^-^*)ノ
(ここから先の写真は、興味があればクリックしてください。
多少は大きくなります)

02
寝てないのに微動だにしない不思議な犬。



03
こんな道をひたすら歩きます。



04
民家の裏にバス???



05
随分と頻繁に飛行機が飛んでるなぁ。



06
高麗神社 参道。
なんとここは別名「出世明神」と呼ばれているらしく、
ここを訪れた多くの政治家が首相になったりしているそうです。
参拝して、おみくじ引いて、家族全員分のお守りを買って去ろうとすると・・・



07
これまた微動だにしない神社のネコ(ご近所の方曰く)とご対面。
ネコは大嫌いだけど、写真の被写体としては最高。



08
高麗神社前の「出世橋」を渡り、コースを進みます。
(「縁結び神社」だったら良かったのになぁ、と少し思いつつ)



09
焚き火、趣があるなぁ。



10
ポンプ式井戸のある家。ステキv



11
春の息吹。



12
なんで、「丸紅」?



13
とうがらしを干していてステキな畑だったので、夢中で写真を撮りました。
そして、その畑のおじさんと会話。
「どっから?東京?」
「はい、東京です」
「なんで歩いてるの?オリエンテーリングか何か?」
「ウォーキングコースになってて・・・(地図を見せる)」
「へぇ、けっこうあるなぁ。あなたは学生さん?」
「いえ」
「とうがらし、いるか?」
「はい?」
「とうがらし、もう少し干せば料理に入れて食べれるよ」
「ありがとうございます」
会話が楽しかったのでで、去り際に
「また来たら、ここに寄りますね!」と思わず言ってしまいました。



14
木の陰が素晴らしいあいあい橋
木製トラス橋としては日本一長いそうです。
(が、トラス橋とは何なのかよく知りません)



15
空を見上げると、長ーい飛行機雲。



16
広大なふれあい広場の一角に、かわいらしい小屋。



17
なんて広いんだ・・・



18
往路で見た犬はお昼寝。



19
ウォーキング終了。
写真を撮りながらだったので、2時間半(11:30-14:00)かかりました。
帰りはウォーキングを終えた人で賑わっていました、駅前。

そして、歩いただけなのにポイントカードをもらえ、50ポイントゲット。
ウォーキングに参加するたびにポイントをもらえるそうです。
(1000ポイント=1000円)

これは・・・
やみつきになりそう☆
・・・。
後期の授業、終了~
あとちょっと成績処理をやってしまえば、
なにもかも終了で春休み~☆

・・・ってなわけにはいきません。
来年度の夏に行われる学会の研究発表の応募のしめきりは
たいてい、この時期に集中しているのです。

どの学会に応募しようっかな。

・・・などと選ぶ余地はなく、
多少、自分とは研究分野のずれた学会にも
片っ端から応募。

運良く採択されたなら、
発表内容をその学会向けにすればいいのです。

あぁ、しめきりのない人生を過ごしてみたい。

・・・なんて偉そうなことを言っていますが
実際にはあまり多くには応募できません。
応募のための資料作成が大変すぎて。
(ダメじゃん↓↓↓)
時間があるときは。
ある英文雑誌にエッセイを投稿しようと思い、
ここ数日は家にこもり、PCとにらめっこ。

論文を書くのはつらいから
とりあえず、エッセイでも書いてみよう。
そう思って、一週間毎日書き続けました。

現在、やっと12ページ目。
(たった、それだけ・・・)

で、ハッと気づいたことは
日本語で書いていた、ということ(;゜ロ゜)
英文雑誌のために書いてたのに、おバカさんです。

ま、いいっか、日本語でもいつか使えるかもしれないし。
と、自分を慰めてみましたが、
つまりは、これをまた英語で書かなくてはならないわけで・・・

考えるのは、よそうっと

明日は後期の最終授業で、テスト日です。
午後はそのまま大学に残ってテスト採点をし、
成績処理もできればやってしまおう☆
金正男氏の英語。
金正男氏 北京で多弁。
というニュースが流れています。

普段あまり記者とはしゃべらないのですが、
今回はよくしゃべったということで
その珍しさからニュースになっているようです。

金正男は数ヶ国語を操ることで有名ですが、
日本人記者とのやりとりのなかで、彼が英語で

We don’t able to go to Japan easily.

と言いました。
(2001年に成田の入国管理局で拘束されたからでしょう)

正しくは、don'tではなくaren'tです。
語学に長けている人でさえ、ミスします。

でも、充分に通じるのだし、
これで世界じゅうを飛び回って会話しているので、いいのです。

学生のなかには、
don'tとaren'tのような間違いにビビッてしゃべれない人がいます。
(教員のなかには、
don'tとaren'tのような間違いに異常な反応を見せる人がいます。)

でも、そんな細かいことを気にして何もしゃべらないより、
彼のように、しゃべってしゃべってしゃべって
あそこまで流暢になるほうが、姿勢としては立派です。

と、私は思います(^ー^)
内定。
やっとやっと、
就職活動のほうが一段落つきました。

ずっとやってたの?
と思われる方もいらっしゃるでしょうが、
大学院生や大学の非常勤は、
年中無休で就職活動をやっています。

経験したことのある人なら分かると思いますが、
この就活はハンパなくつらいです(苦笑)
書類作成の段階から精神的につらいです。
しかも、普通に授業をやりながらの就活は
体力的にもきついです。

でも、その苦しい活動も一時的に終了。

なんと今日、めでたく正式な内定を頂いたのです。
来年度からは、任期付きの専任*になります。
(他大学の非常勤も続けますが)

*大学院→非常勤→任期つき専任→任期なし専任→准教授→教授
でいうところの左から三番目です。


陳腐な言葉しか出てきませんが、

諦めずにがんばってきて本当に良かったと思います。

年齢的にも業績的にも
任期なしの専任になるには
もう一山超える必要はありますが、
まずは、一段階上に辿り着いたということで
めでたし、めでたし。

任期が切れる頃にまた就活をしなくてはなりませんが、
今日くらいはそのことを忘れよう☆

sp

雨女パワー炸裂。
先日買ったのは・・・

うさこさん、大正解!
一眼レフ Nikon D90でした。
O(≧▽≦)O

camera1

↑箱&カメラバック(タダでつけてもらった)↑

この子(D90)が発売されてから
この子を手にする日をどれだけ待ったことか。
(知っている人は知っている・・・)

この子のマニュアル本2冊を、毎晩枕もとで眺め、
この子の夢を何度見たことか。

笑(アホだ)

さて、肝心なこの子の姿ですが・・・
コレです。

camera2


興味のない人にとっては、ただのカメラですね(^▽^;)
でも、私にとっては宝物です。

しかし、残念なことに、非常に残念なことに、
この子がウチにやってきた月曜から、
一度も晴れていません。
ここしばらくずっと雨が降っていなかったというのに。

予報では明日も雨。
こんなところでも、雨女っぷりを発揮しないでほしい。
入試の苦い思い出。
先週金曜だったか、
去年まで教えていた高校生からメールがきました。

「センター試験で過去問を使いまわすって、今回からですか?」


確かにこの話は聞いていたのですが、
いつからかは知りません。
いつからなんでしょう?

というわけで、

「あれこれ探るより、今は最後の復習をがんばってー!」

みたいなことを返信をし、
なんか役立たずな感じなってしまいました。

過去問のデータを処理をしている人を
実際に知ってはいるのですが、
いつから使いまわすかとかは、
本当に知らないのです。

ごめんなさい(T_T)


さて、こちらはといえば、
教員用の入試監督オリエンテーションがありました。
カンニングの話になったときに、
自分の苦い過去を思い出しました。

高校入試のとき、
私は試験監督に声をかけられたのです。

「隣の人が、あなたの答案用紙をのぞいているから気をつけて」

周囲の受験生からは、
私がカンニングをして注意されているように見えたのか、
その後、冷ややかな視線が注がれるのが分かりました。

そのせいで、どれだけ頭が真っ白になったことか。

カンニングをしているほうを注意すればいいじゃない、
と怒りが湧いてきたのは、帰宅して落ち着いた頃でした。

試験監督さん、受験生は人生をかけて受験しにきていますので
よく考えて対応をお願いします。
大学生の提出物の遅れ。
ある大学のノート提出状況があまりにもひどく、
個人個人の平常点をずっと出せずにいました。

成績処理をし、成績を大学に報告するのに必ず期限があります。
この期限は、私が延期できるようなものではありません。

それなのに、
「すぐに提出します」とか「出せるので待っててください」とか
そういう連絡を学生から受け取る度に、
複雑な気持ちになります。

最初に、そのような連絡がある学生から来たときに、
「それなら、待っています。
出さないと心に決めて何もやらないより、
遅れてでも出そうとする意欲をかいます」

といったことを返信をしたのが、噂か何かで広がったのか、
「遅れてでも提出できる」と考えた学生がいたようで、
その後、バラバラバラバラ、いろいろな学生から連絡がきました。

先週、ついに私もキレて(?)、
○日までに提出しなければ、もう平常点に加算できません
と掲示を出しました。

昨日、その期限が過ぎたのですが、
期限内の提出が4名。
そして、今日(期限後)の提出が2名。

期限が過ぎたり、まだ未提出の学生も問題ですが、
何よりも問題だと感じたのは、
遅れたことについて、文書を一言添えるような学生が
ほとんどいなかったということ。

提出物だけを、ポンと所定の場所に出せばいいんでしょうか・・・
提出されたノートだけを見て、本当にとても悲しくなりました。
○馬高野台LABIは最高。
また肺の調子がおかしかったので病院に行ったところ、
区の保健センターへ回され、CTをとることに。

CTは初めてだったので、少しドキドキしていましたが、
3回息を止めただけで終了。正味5分。

機械を前に寝っ転がっている間は、
ヒューン、ヒューンと音が聞こえ、
まるでスペース(宇宙)☆
―(ФwФ)(ФwФ)(ФwФ)ー

保健センターを出ると、
気持ちのよい快晴だったので、
バスで20分の距離を散歩することに。

そして・・・
散歩の途中で
見てはいけない看板を見てしまいました。

LABI(ヤマダ電機)

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、LABIは
私にとっては遊園地で、
一度入ると時間を忘れる場所なのです。
しかも、知らない土地での初LABI。

ま・・・
抱えている採点や成績処理はほぼ終了したし、
少しくらい入ってもいいっかO(≧▽≦)O

ということで、足を踏み入れたのですが、
この入店はラッキーでした。

ず~っと欲しかったものを、激安で入手できたのです。
発売当初は15~6万くらいを覚悟していたのですが、
9万円台でゲットv

新宿、池袋をこの数ヶ月間まわりにまわっていても
この値段に到達しなかったので、
思わず飛びついてしまいました。

何を買ったかは・・・
また今度♪
今、大嫌いな数字。
成績処理は大好きな(!)エクセルで一気に処理します。
名前の部分は隠します。
これっぽっちも「ひいき」がないようにです。

じゃ、頑張った人は?
さぼってた人は?

それは、ボーナス欄のようなものを設けて
あらかじめ点数を入れておくのです。
このときも「ひいき」がないよう、
授業中につけていた発言回数
さぼり回数などを点数化するだけです。

最後の段階で学生の名前を見てしまうと、ついつい、
この学生はAのほうがいいかなぁ
この学生はBのほうがいいかなぁ
・・・
とキリがなくなってしまいます。
ですから、最終的には名前を見ずに評価を出す方法をとります。

一気に。
容赦なく(笑)

ところが、今回のエクセル処理は非常に手間取っています。
キーボードの数字の「1」の部分が壊れているからです。
「1」という数字をタイプするのに力を入れなくてはなりません。
最低、5秒はかかります。

「1」という数字はけっこう使います。
「1」という数字を見るたびに、ブルーになります。

「1」だけコピペ?
エクセルではなかなかそうはいかない部分があるのです。

なーんて、愚痴はもうやめておきます。
手元にある答案はすべて採点が終わりました。
おめでとう、私☆

(でも、まだテストをやっていないクラスがあるんですがね・・・)
いいかげん、現実逃避はやめよう。
昨晩の夢は、宇宙へ行く夢でした。
ロケットで地球を脱出していました。
笑顔で脱出だけして、その後、どうなったか分かりません(笑)

さて、今日のテストは・・・遅刻者はいたものの
無事に全員が受けました(途中脱落者以外)。
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

面倒なことにならなくて、ホントによかった~

最後のテストだけ受けない学生ってけっこういて、
これがまた対応が非常に大変なのです。

放っておけばいいんでしょうが、
どうしても気になってしまうんですよね・・・
なんで、最後だけ来なかったんだって。

で、ついつい本人に連絡してしまうのです。
なぜ、テストを受けなかったのですか?って。

たいていの理由は風邪です。
それが本当かどうかは、申し訳ないけれど、
普段の授業態度などから判断してしまいます。
(しかし、返信は同じ内容にしています)

そんなこんなで、
明日はT大学の「(裏)追試」(交通費出るかなぁ・・・)。
最後のテストだけ受けなかった学生のラストチャンス
もちろん、正規に受験した学生よりは最大点を低くすると言ってあります。

甘い、と言われようとやります。
で、お説教(?)もするつもりです。
社会に出たら、風邪は理由にならないって(苦笑)
ぬぁ~。
封をしたままの答案用紙の束がいくつかあるのですが、
現実逃避で、開けられないものがあります( ̄Д ̄;;
そうこうしているうちに、次のクラスの答案用紙がまたやってきます。

こないで。
こっちへこないでーーーー。

って感じ(笑)

ここ最近、おうちの中ではPUNK音楽が鳴りやみません。
そのPUNKも、METALを通り越してDEATH系に変わりつつあります。

でも、家族の皆さん、心配要りません。
DEATH系を聴いて病んだことはありません。
私には復活の曲なのです。

「さようなら、探さないでください」という紙を
実家に残すくらいのジョークをとばす余裕はあるので、大丈夫です。

(笑)
家族へ。
まだしばらく先だけど、今度の誕生日にコレください(笑)

デジタルハリネズミ
http://toycam.imaimax.com/modules/news/article.php?storyid=127


トイカメラってやつです。
よろしく☆
どこかへ・・・。
今、闘っております。
たくさんの答案の山と。

昨日は、「楽しんですよ」と書いておきながら、
今日は家じゅうの窓を全開し、
答案がこのままどっかに消えないかなぁ~と(笑)
(本当にそんなことになったら大変ですが)

というわけで、今日は真面目なことを書くことはせず、
単なる宣伝。

『幼獣マメシバ』
http://mame-shiba.info/tv/


tvk:毎週金曜深夜0時10分~ 1月10日スタート/テレ玉:毎週水曜よる7時55分~ 1月7日スタート/チバテレ:毎週火曜よる9時55分~ 1月6日スタート/三重テレビ:毎週月曜よる11時15分~ 1月26日スタート/KBS京都:毎週月曜夕方6時55分~ 1月5日スタート/サンテレビ:毎週土曜夕方6時55分~ 1月3日スタート/ひかりTV(VOD配信サービス):1月6日配信スタート/ギガミランカ(携帯配信サービス):1月配信スタート

こんな連ドラが始まります。
とある関係者が今、その小説版を書いています。
彼女も私のように、闘ってる最中かと。

そんなことより、オフィシャルHPの柴犬がとてもカワイイ。
この目は、この目は・・・
「何を言ってるのか、わかんない」って思っているときの学生の目。
放っておけない(笑)
学生の最後の闘い。
今日は二クラス。

1限目の通常授業のクラスのほうは、ノートを回収しました。ノートの内容は、テキスト本文の筆写、スラッシュ(添付CDを聴いての区切り)、単語調べ、Q&Aです。毎授業の初めに、一単元分の答え合わせとチェック(ハンコ押し)はやっていたのですが、きちんと内容は見れなかったので、最後の最後に回収。

全員提出を目指していたのですが、お休み1名に、まだ出せないという学生が2名で、全員提出ならず。残念。

午後は、ノートを自宅に持ち帰るのは大変なので、キャンパスに残ってノートチェック&評価。始める前は、正直少し面倒だったのですが、チェックを始めると楽しくて。思った以上に(?)、しっかりとしたノート作りができていたので、チェックや評価が苦痛ではありませんでした。

2限目はテスト。ライティングのテストなので、くれぐれも盗用だけはしないよう念を押してテスト開始。持ち込み可だし、そもそもPCを使ってのライティングなので、インターネットも使いたい放題。最初に学生が、このことを知ったときには喜んでいましたが、実際には大変なテストだと実感したことでしょう。

テスト中には、いろいろな学生の画面が見ながら、「なるほど、そういうデータがほしいのね」とか、「インターネットが使えるのに、なんで使わないんだろう?」とか、いろいろなことを考えていました。時間配分がうまくいっていない学生には、「それだと最後まで終わらないよー!」と、思わず声をかけたくなりましたが、テストなんだからと自分に言い聞かせて声をかけるのをガマン。

終了時刻より15分前から退出してもいいよ、と言っていたのですが、15分前に出た学生はゼロ。最後の最後まで真剣に解けるような問題を出題できてよかったです。

さて、この連休は、別の大学の120名分のテストと、今日の大学の35名分のライティングテストをどこまで片付けられるか。いや、その前に来週の木曜の後期テストを作るか。

・・・などと言うと、つらそうに聞こえるかもしれませんが、体はつらくても気持ち的(?)には楽しいんですよ、学生の最後の奮闘ぶりを見るのは(^_-)---☆
ごちゃごちゃ。
今日は3種類のテストが終わった~
でも、明日の大学は普通の授業だ~

聞きたい言葉。
2クラスの後期テストが終わりました。

学生からしてみれば、終わった~!というところなんでしょうが、こちら側は、テスト作成に続いて、これから採点、成績処理、学生対応、などが続いていきます。地獄。

とはいえ、授業そのものは終わりですので、学生とはきちんとお別れをしてきました。別れの度に湧き上がる感情、それは「もっと~してあげたかった」というものです。

もっと、英語をたくさん書く作業を取り入れてあげればよかった、もっとリスニングの時間を、もっとスピーキングの時間を、もっと、もっと・・・・・・という気持ちでいっぱいになるのです。

戴いた色紙にある「楽しかった」という字を見ると、余計に思います。授業で楽しませるのは、とても大事なことだとは思うけれど、「つらかったけれど、ためになった」という感想が出るほど、書いたり、しゃべったり、作業をオニのように(?)取り入れたいのです。

でも、今年も不十分。「つらかった」という感想はありませんでした。いえ、正確には、「1限目でつらかった」という感想以外に、「つらかった」という文字は見当たりませんでした(T_T)

また来年度の授業に向けて、授業の構成をよく考えていかなくちゃ。

・・・

その前に、まだまだ残るテスト作成をがんばらなくちゃ(^▽^;)
『英語教育1月号』。
『英語教育1月号』

特に印象に残ったエッセイは2本。

(1)p.28-31 「ことばを育てる」-国語教師・大村はまの仕事


大村はまさんが具体的にどのような授業したのかが分からないのは残念でしたが、授業中の教師と学生の問答の両方が、当たらず触らずになっているという指摘には、やはり考えるものがありました。特に、「×わかりましたか」と書いた紙テープを指に巻いて、「わかりましたか」「はい」の空疎な問答が授業から消えるようにした、という姿勢には関心を持ちました。

最近、私が授業をしていて感じることは、学生側からは表面的な答えしか出てこない、ということです。授業時間が少ないことや、テキストのノルマ(?)を言い訳に、学生の「考えさせる」時間を充分に取っていない私が悪いのです。このブログにも何度も書いてきましたが、来年度は、授業の時間配分学生の充実度が課題です。


(2)p.34 「動機付けと学習意欲を継続させること」


「目に見える形で進歩の状況が分かるようにする」というのは、私もいろいろな形で取り入れています。ボーナスカード、ポイント、ハンコ、シール、個人カルテ、賞状・・・。ただ、これらが実際にやる気を出しているのかどうかを調査したことがありませんでした。そういう意味で、私にとっては心強い味方となるエッセイでした。

「現在の自分の学習状況を把握する必要性は、高校生も大学生も同じだ」
by塚本睦子先生(中学11年、高校27年、大学3年の教諭歴)

ドラマのロケ地で。
実家から戻ってきました。随分と長く実家にいたせいか、自宅の匂いが鼻につき、思わず香水をシュッシュシュッシュと、ふりまいて匂い消し(?)。

実家にいる間は、グータラしたかったのですが、完全にはグータラしきれず、写真を撮って遊んでました。年始に撮った、お気に入りの写真は・・・

ushiku1

ushiku2


ロケーションは、茨城県牛久にあるシャトーカミヤ。ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス』のメイン舞台です。なかでも、スーベニアショップ(上)と神谷傳兵衛記念館の地下にあるワイン貯蔵庫(下)は気に入って、ひたすらシャッターをきりました。今回は珍しく、セピアでご紹介。

さて、明日からはまた気持ちを新たに仕事を始めます。まずは、後期の授業準備とテスト準備!
乗りたい。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ




ちょっとステキです。
上の時間に、ブログを観に来てください。
元旦早々。
12月31日の夜は、実家の目の前で起きた交通事故でケガした人(大学生くらいの男の子)につきそう、というハラハラの夜でした。お寿司屋さんの配達の帰りか何かで、違法駐車をしていた黒っぽい車の後方に激突した模様。事故の直後に、助けてあげなくっちゃって、気づいたら妹と一緒に外に飛び出していました。その後、だいぶ時間が経ってからやってきた警察も車の所有者も、誰も彼のケガのことを気にしていなくって、本当に気の毒な感じでした。手は血だらけだし、足はかなり痛そうに引きずっていたのに・・・

大晦日の夜に、とんだ災難だったとは思うし、今ごろはすごく体が痛むんだろうなと思うと気の毒で仕方がありませんが、走っている車への衝突じゃなかったこと、そして、命が助かったことは不幸中の幸いだったと思います。

------

さて、私はといえば、2009年早々、お餅を食べて胃の調子を悪くしてしまい(胃炎もちの人はお餅はダメだそうです)、家族に介抱される始末。今年こそ「健康に」と思っていたのに


カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。