妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両立は今のところ成功。
最近、海外ドラマの24を夜中にやっていて、毎日録画をしています。後で時間のあるときにまとめて見ようと思っていたのに手をつけてしまい、授業準備と24の両立が強いられています(明らかに自分が悪い!)。

さて、今日のライティングの授業では、ものすごーく基本的なこと、paragraphの構成はtopic sentence(話題、筆者の主張など)+supporting sentences(説明、具体例など)+concluding sentence(結論)だとか、topic sentenceとは、supporting sentencesとは、concluding sentenceとは何ぞや、といったことを教えました。高校や他の授業でこれらの言葉は学習してきたようなのですが(私も高校教員のときは教えましたので)、様子を見ていたら、ルールは知っていても、実際にルールにあてはめて「書く」ということはやってきていないことがよく分かりました。

また、意外だったのは、topic sentenceとconcluding sentenceの内容が一致する(そりゃそうだ、両方とも筆者の主張なのだから)、ということをあまり知らなかったことです。topicをこちらで提示し、それに合うtopic sentenceを学生が考えるという練習に20分くらい時間をかけてみたのですが、最初の頃は、一見、「paragraphの出だしとしてはなんだかありそうだけれど、concluding sentenceにはなりにくいもの」などが目立ちました。

たとえば(極端な例ですよ)・・・

My grandparents live in Chiba.

などです。確かに、文章の出だしとしてはありそうなんですが、学生に「ねぇねぇ、たとえばこの先でおじいちゃんとおばあちゃんの話を続けて書いていったとして、最後の結論にまた、『祖父母は千葉に住んでいます』って書いたら、どうかな?」と聞くと、どんなものがtopic sentenceとしてふさわしいのか&ふさわしくないのかを、少しずつ理解していきました。片っ端から指摘し続けていると、「あぁ、分かった~」という声がポロポロ出始め、また、理解した学生が「だから~、それじゃダメなんだよ~」と嬉しそうに隣の友達に説明しているのを見ては、とても嬉しくなりました。

「分かった!」をどんどん増やしてあげたいな★
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kisakitoru.blog119.fc2.com/tb.php/230-a53106d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。