妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題の「英語による英語の授業」。
今日は一日中、英文雑誌の編集です・・・
そんななか、昨晩のニュースを思い出したので、ちょっと綴ります。

------------------------
ヘッドライン
<高校新学習指導要領案>英語で授業…「自信ない」教諭も
 「使えない英語」から「使える英語」へ。22日に公表された高校の新学習指導要領案は「英語の授業は英語で行うことを基本とする」と明記した。文法中心だった教育内容を見直し、英会話力などのアップを目指すのが狙い。文部科学省は「まず教員が自ら積極的に用いる態度を見せるべきだ」と説明する。だが教諭の英語力や生徒の理解度はばらつきが大きい上、大学入試は従来通りとみられ、現場からは効果を疑問視する声も出ている。【三木陽介、平川哲也、高橋咲子】 (毎日新聞)

------------------------

「英語による英語の授業」が良いか悪いかは別のところで議論するとして・・・

今の私にとっては
、正直、助かるニュースです。高校で「英語による英語の授業」を受けていないせいか、大学に入学してきた学生を相手に「英語による英語の授業」をすると、日本人のくせに・・・というのがどうもついてくる感じがするのです。それがなくなるだけでも、助かります。

学生は、外国人教師が「英語による英語の授業」をすることは当たり前のように思っているようですが、日本人教師が「英語による英語の授業」をすることは当たり前のように思っていないのです。そのため、英語で授業をしていて時々感じるのは、「なんで日本語を使ってくれないんだ」「ちょっとくらい日本語で説明してくれてもいいじゃない」という視線。外国人教師に対しては、あまり発生しないものです。

最初の頃は頑なに英語だけにしていたのですが、最近は日本語も使っています(T大学、A大学では問題なし、R大学ではルール違反)。「なんで日本語を使わない・・・」とか「ちょっとくらい日本語を・・・」という学生のイライラをきっかけに、教員と学生の関係がぎこちなくなります(仲が悪いとかではなく)。関係がぎこちなくなれば、授業は思うようにはいかなくなります。授業が思うようにいかなければ、関係はもっとぎこちなくなります。悪循環。

学生側が、日本人教師が「英語による英語の授業」をすることを当たり前のように考えていれば、そもそも、そんなことで関係がぎこちなくなることなんてないはず(何度も言いますが、仲が悪くなるという意味ではありません)。

とまぁ、私情(?)を書きましたが、「英語による英語の授業」に賛成か反対か、や、「英語による英語の授業」が学生の英語力向上にどのように・どのくらい影響を与えるかといったことも考える必要は確かにありますが、日本人の教員が「英語による英語の授業」を行った場合に、教師と学生(生徒)の人間関係がどのようになるのかについても考える人がいてもいいような気がします・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kisakitoru.blog119.fc2.com/tb.php/277-950efece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。