妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカだ、私。
ちょっと風邪にやられながらも、160名分の大学生のノートを見たりしてました。大学生のノートは、うわぁ、これじゃ提出の意味ないじゃん・・・と思うものから、こちらの予想以上にしっかりと作り上げているものもありました。

で、後期テストの点数と比較すると、やっぱりノートをきちんと作り上げている人は、点数も良いんですよね・・・日々の努力なしでの上達はあり得ない、ってことでしょうか。
(o^∇^o)ノ

そうだ、そのノートの中に、まるまる1ページ分ものメッセージつきのものがありました。内容は授業のことや、英語に対する想いなどでした。

たとえば、授業で英字新聞を扱わなかったのを指摘してくれ、「新聞も扱ってほしかった」とありました。昨年度は、新聞や雑誌ばかり扱っていたので、同じのはちょっとなぁ(自分がノレないなぁ)と思い今年度はやめていたのですが、求める学生もいることが分かりました。

それから、「英語を見ることが苦痛だったけれど、それがなくなった」とか、「○○のテストが、100点以上アップした」とか、英語に対するこれまでの想いがひっくり返ったことが、想い溢れんばかりにぎっしりと綴られていました。

このメッセージには、今までになく心を動かされました。

私は、「授業準備」や「生徒や学生の立場に立って考える」という点では、誰にも負けないんだと思うくらいに努力をしているけれど、授業内容(効果)に自信を持ったことは一度もありません。

だから、生徒や学生がたとえ目の前で何かできるようになっても、「これは私の力じゃなくて、他の先生方のおかげなんだ・・・」としか思えず、けっこう苦しんできました。また、これまで、生徒や学生に「先生のおかげで○○ができるようになりました」と言われても、嬉しくても信じることはできませんでした。本当に自分でもひどいやつだと思うけれど、あまりにも自信がなさすぎて、そういう生徒や学生の言葉をちゃんと受け止めたことはなかったんです。

でも、その学生の1ページのメッセージを読んでいて、言葉の端々から感じられたんです。あ、この学生、本当に私の授業を受けて英語が嫌いじゃなくなったんだ、って。自分がこの学生の役に立てたんだと思うと、味わったことのない安堵感でいっぱいになりました。

今まで私に嬉しい言葉をくれた生徒や学生の中には、本当にそういう気持ちで言ってくれた人もいるかもしれないのに、受け止めなくてもったいないことをしたなぁ、バカなことをしたなぁと思います。

これからは、ちょっとは自信を持とうかな(〃∇〃)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kisakitoru.blog119.fc2.com/tb.php/52-6bf94ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。