妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年A・・・を読んで。
『「少年A」この子を生んで・・・・・・』という本を読みました。例の神戸児童殺傷事件を起こした少年A、酒鬼薔薇聖斗の両親の悔恨の手記です。

なんで、突然こんなものを手にしたかと言うと、どうしても気になっていたことがあったんです。

どういう環境・教育で育ったら、少年Aのような人間がうまれるのか?


手記を読んで答えが出たかというと、読む前よりももっと分からなった、というのが正直なところです。想像していたのは、両親が過保護に育てたか、しつけが厳しかったか、虐待をしていたか、はたまた完全に育児放棄をしていたか・・・でしたが、どれもあてはまらないようでした。ごく普通、もっとも「普通」の定義が分からないけれど、読んだ限りは、普通の環境でした。

ただ、「普通の」親の言葉が、少年Aには「普通に」は伝わっていなかった、というのが印象的でした。

たとえば、親が少年Aの発表会のときだったか、「緊張するなら、周りにいる人間を野菜と思ったらいいからね」と言ったのを、後に少年Aは「人間が野菜に見える」と解釈していることを供述しています。また、普通の親がするように、動物を飼い、「動物の命も人の命も同じく尊いものだ」と教えてきたのに、少年Aは「人の命は蟻やゴキブリの命と同じ」と解釈しています。

何が原因で、彼のなかにこのような解釈が生まれたのかは分かりません。が、「普通」だと思って発した一言が、こんなにも彼に影響を与えたことに対し、ショックを覚えました。

言葉の脅威・・・

教育や言語研究に携わる者として、改めて言葉の存在の重みを感じる一冊でした。

「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記 (文春文庫)「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記 (文春文庫)
(2001/07)
「少年A」の父母

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。固いテーマで驚きました(笑)
 その本は読んでいないので憶測を述べますが・・・彼にとって言葉は論理演算に使う記号くらいの意味しかなかったのではないかと思います。
 たまたま彼は事件を起こしましたが、言葉に対するスタンスが似ている人は、実にたくさんいます。おそらくは、この国の9割以上、そして、大学教員の中にも。
 あの頃、どうして人を殺してはいけないのか、という子供からの問いかけに答えられない親がいたとか、あるいは論理的には説明できないと放言する人がいたとかが、9割説を支持しているかもしれません。
 マスコミや世間は、彼の心を「闇」と称して別物扱いしたがりますが、闇ではなく「無知」なんですね。そして、無知と言う点でマスコミも世間も彼も同じ穴のムジナです。
 21世紀は知識基盤社会だ、というと格好良いのですが、知識を詰め込んだからといって無知が直るものでもないでしょう。高学歴のはずの記者さんや彼の親御さんが、そこらへんに気付いていないという点、大学の教育の意義が問われるところでしょうね。 
[2008/02/13 00:33] URL | 異邦人 #- [ 編集 ]


>異邦人さん
まさに!!!「彼にとって言葉は論理演算に使う記号くらいの意味しかなかったのではないか」、異邦人さんのおっしゃるとおりだと思います。そして、私が心のどこかで思ってて、言葉にできなかったことはこれです!

彼の心を闇として、別格のものとして、他人事のように片付けるのは、世間やメディアとしてはすごく「楽」なことなのかもしれませんね・・・私には何ができるんだろうか。
[2008/02/14 00:46] URL | 妃透 #- [ 編集 ]


こんばんは。
偉そうなことを言うだけの業績もないのですが・・・大学に係わる者としては、知識と同時に知恵の追求が大事かと思います。噛み砕いた言い方をすると、行間を読んで、さらに行間を自分の言葉や解釈で埋められる、ということではないでしょうか。
[2008/02/15 00:09] URL | 異邦人 #- [ 編集 ]


>異邦人さん
アドバイスをありがとうございます。人間の言葉には、字義通りとそうでないものに分かれますが(大きな意味でのメタファー)、ヨーロッパでは「言語意識教育」というもののなかで、小さい頃からそういう事を教えられるそうです。行間を読む、行間を自分の言葉や解釈で埋めるなんていう当たり前のことを、日本人は教育の場で改めて学んだりしていませんが、日本でもそろそろ、そういう教育がでてきてもいいのではないか、と個人的には思います。

英語でもない、国語でもない科目で・・・★
[2008/02/16 00:34] URL | 妃透 #- [ 編集 ]


こんばんは。
>英語でもない、国語でもない科目で・・・★

理数系の学生のために講義開設する予定です。事前に企画した研修会では、教員も学生も知恵熱を出していたので、「ああ、やっぱりココが弱いんだな」と確認できました。講義の効果が出れば良いのですが。
[2008/02/18 22:32] URL | 異邦人 #- [ 編集 ]


こんばんは!理数系の学生のために、ですか。内容にすごく興味あり、です!
[2008/02/21 02:56] URL | 妃透 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kisakitoru.blog119.fc2.com/tb.php/68-ea5170da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。