妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その1。
しばらく授業がない時期が続くのと、高校を辞めるということもあるので、いまのうちに、自分が「学校(高校・大学)」という場で心がけてきたことを、小さなことから大きなこともまで整理しておこうと思います(*^^*) 人に見せるためではなく、自分を見直すために、デス☆

----
その1:謙虚でいる

私は偉そうにしている先生が好きではありませんでした。君たちより年をとっているから、多くの経験をしてきた者の言うことを聞いておいたほうがいい、君たちより知識があるんだから知識で対抗しようとせず、大人しく言われたとおりにしなさい。そんなことを言われたものです。

でも・・・教員は生徒・学生より年上だから経験豊富?年をとっているから経験の量が多い、経験の質が高い、そんなことはまったくないと思っています。生徒・学生のなかには、自分よりも多種多様な経験をしている人もたくさんいるし、自分がまだ経験したことのない経験を持つ生徒・学生だっています。

知識が豊富?教える科目に関する知識量は、確かに生徒・学生より多いかもしれません。でも、過去に教わったから、勉強したから、知っているにすぎないと思います。生徒・学生は教わっていないから知らないのであって、その点は自慢する点ではありません。

教室の中では常にそんな気持ちでいます。目の前の教わりたい、知りたい、と思っている生徒・学生に、「君たちの知らないことを教えてやるよ」ではなく、「私の知っている情報を分けてあげるね」という気持ちで接しています。生徒・学生に限定するわけではなく、友人や同僚、上司、家族、誰にでも、良い情報は共有したくなるものです。それとまったく同じです。

何かをお願いするときには、下の者に命令するような気持ちになったことはありません。本当にお願いをします。すごく小さなことで言うと、一番前の席の人に後ろまでプリントをまわしてもらうこと一つであっても、「お願いします、ありがとう」と必ず言います。生徒・学生だから配って当たり前、なのではありません。

嫌われないようにペコペコする教員もいますが、それは謙虚とは違います。ただの機嫌取りです。

そもそも機嫌取りは見透かされるのではないかと思います。機嫌取りは「相手から愛されること」を求めてとる行動であって、相手にとっても決して気持ちのよいものではありません。結果的に、どちらも寂しい思いをするだけです。それなら、「相手から愛される」努力をするより、「相手を愛する」努力(?)をしたほうがお互いのために良いと思っています。

話がそれましたが、ここで「謙虚でいる」、という表現が本当に正しいかどうかは分かりませんが、生徒・学生は、関係を築きたい人間の一人であり、その関係を維持・向上させるには、どのような態度で接すれば良いのかを考えるだけです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kisakitoru.blog119.fc2.com/tb.php/84-c4abab03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。