妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村紘子ピアノリサイタル [2008.12.22. オペラシティ]
冬休み前の大学の授業がすべて終わった・・・からというわけではありませんが、以前から楽しみにしていた中村紘子ピアノリサイタルを母親と観に行ってきました。

いつだったか、ミ○ュクのリサイタルの後では、ストレスが溜まり、お金を払ったことに対して不満を持ち、あまりの演奏のひどさにブログで酷評する手が止まらなくなりましたが(あれは本当にひどかった・・・)、今日のリサイタルは、

すごかった
本当に、すごかった


[プログラム]
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第24番 嬰ヘ長調 Op.78 「テレーゼ」
シューマン:幻想曲ハ長調 Op.17
---休憩---
ショパン:ワルツ 全14曲
(Op.34-1「華麗なるワルツ」, 64-3, 69-1「別れ」, 69-2, 70-1, 70-2, 70-3, ホ短調遺作, 34-2, 34-3「華麗なるワルツ」, 42, 64-1「小犬」, 64-2, 18「華麗なる大ワルツ」)

ベートーヴェンは指慣らしという感じがしましたが、シューマン辺りから音色が透き通ってきて、高音は心に響き、低音は心を揺さぶり、涙腺は自然と緩んでいきました。そして、シューマンも後半に差し掛かってきた頃、ショパンの軽やかさを醸し出す表現を聴いて、休憩後のショパンのワルツ全14曲に期待を寄せまくる私。母親は疲れ(?)からか、開演前に「休憩で帰る」と言っていましたが、思わず引き止めてしまいました。

今日のショパンはすごいものになるから、聴いてから帰りなよ


予想は的中し、ショパンはものすごいことになっていました。プロが、技術や表現力などで観客を魅了することは当たり前のことだけれど、そういうものをはるかに超えていて、私にはもはや演奏者の存在すら見えていませんでした。目の前には、さまざまな人、物、自然のある風景が広がっていきました。まるでヨガが成功したときのような感覚に陥りました。

国内外3500回を超える演奏会をこなし、2009年秋にはデビュー50周年を迎えるとのこと。今日のリサイタルを越えるリサイタルを観たいです。

-----
ところで、アンコールでは自分にとって思いがけない曲が。最初の二音、ラ・ソ♯で鳥肌が立ちました。私がピアニストの夢を捨てる直前に、最後に完成させた曲でした。懐かしさに泣。

ラフマニノフ 前奏曲 嬰ハ短調 Op.3-2(中村紘子さんではありません)


最後のパート(上だと2分25秒辺りから)で全身を使うので、弾き終わった後にものすごく気持ちがいいのです。
ウエストライフの新DVD"Live at Croke Park Stadfium"。
アイルランドのボーイズバンド、ウエストライフが10周年を迎え、現在は約1年の活動休止期間に入っています。まぁ、そんなことは、遠い日本ではもともと活動がないので関係がないのですが、CDもアルバムも出ずに寂しいなぁと思っていた今日このごろ。

やっと日本では新しいDVDが発売されました。舞台は2008年6月、アイルランドの国立競技場・クロークパーク。ウエストライフのライブチケットはいつも完売で、会場に入れなかった人は会場内にいる人のケータイに電話をかけるほど。そして、今回の8万5千という驚異的な数のチケットも完売だったらしい。すごい。

私の手元には、学生の提出物が山積になっているので、今日は夕方からそれを全部片付ける予定だったのですが、予約していたそのDVDが夕方に届いてしまったもんだから、仕事は手付かず(苦笑)。

1998年にデビューしてからの10年、メンバー全員にはそれぞれの『家族』ができ、DVDには幸せそうな家族の風景がたくさん映っていました。それを観て、自分もそれだけの時間が経っていることを感じさせられました。

10年前の私は・・・まだ実家に居座っていた頃。親に意味もなく反抗とかして、家に帰るのが嫌だった時期、かな。その頃は夢をかなえるためにけっこう必死だったけれど、周りに「もし学校の先生になれなかったら、どうするの?」とか言われてたな・・・。その頃の苦しんでいる自分に会えるとしたら、「大丈夫だよ、そのまま頑張れば夢はかなうよ」と言ってあげたい(笑)。

・・・と、話は脱線しましたが、ウエストライフの歌声はやっぱり私の中では最高です。パンク、ロック、メタル、それぞれに好きなバンド・声は存在するけれど、ウエストライフの声は別格。決して、ただのボーイズバンドではないのです(そういえば、TAKE THATっていう古いボーイズバンドが再結成したなぁ)。

ポップス系の極上の癒しを得たい人はどうぞ↓

ウエストライフ 10周年記念~ライヴ・アット・クローク・パーク・スタジアム [DVD]ウエストライフ 10周年記念~ライヴ・アット・クローク・パーク・スタジアム [DVD]
(2008/12/10)
ウエストライフ

商品詳細を見る

PUNKSPRING 09 第一弾。
[メモ:リンク→myspace]

BAD RELIGION

THE DAMNED

LESS THAN JAKE

MINDLESS SELF INDULGENCE

NOFX

RISE AGAINST

SUM41


The 5 Browns(来日公演)の感想。
The 5 Browns (myspaceはコチラ)
16:30開場 17:00開演 渋谷オーチャードホール


2コマ大学での授業を終えた後、CMでも流れていたThe 5 Brownsのコンサートへ。親と行く予定だったのですが、体調を崩したようで、私は一人で行くことに。当日じゃぁ、一緒に行く相手も見つからず、2人分のチケット片手にオーチャードへ・・・

「5人兄弟姉妹が、5台のピアノで連弾する」なんてことは前代未聞だったので興味がありました。正直、「5人集まれば、ひとりひとりの技術が高くなくても上手く聴こえるんだろう」くらいに思っていました。が、始まってみれば、その考えを持つことが大変失礼なことに気づきました。

みんな、うまい。

もちろん、ひとりひとりの技術が、数多くの有名なピアニストまで及ぶかといえばそうではないし、ひとりひとりの技術にもバラつきはあるのですが(特に、パワーは女子にあって男子になく、細かい技術は男子にあって女子になく)、思っていた以上に素晴らしい演奏でした。

それがよく分かったのは、すべての曲を5人一緒に弾くわけではなかったからです。

【前半】
5人→2人(W&W)→1人(M)→1人(W)→5人→2人(M&M)→1人(M)→1人(M)
【後半】
1人(W)→2人(W&W)→1人(M)→3人(W&W&W)→5人
【アンコール】
5人→5人

*W=女性、M=男性

こんな感じだったのです。5人で引き続けるのかと思っていたので、1人になったり2人になったりするのは意外でした。

しか~し、一番驚いたのは彼らの演奏より(?)も、休憩後のトークの内容だったかもしれません。観客から質問を受け付けてその場で答える、という形式もコンサートには珍しく、大変驚いたのですが、ある観客がピアノの所有台数を聞いたときの返答に思わず苦笑していまいました・・・

"We have 10 pianos in our parents' house―5 pianos in one room to practice playing together and 5 separate pianos in our own rooms to play separately."

はぁー?5+5=10台も!?5人がピアノを学ぶだけでも、相当お金がかかるだろうに(全員、名門ジュリアード出身)、本当に金持ち一家なんだなぁと思っていると、続けざまに・・・

"And now we don't live in our parents' house, so we have 5 more pianos in each house."

さらに5台!?会場の観客もどよめくほど唖然。そして、極めつけが・・・

"They are all Steinways."

もはや絶句するしかありません。一番安いモデルでも1台800万円する世界最高級のスタインウェイを、「15台」も所有だなんて。

なんて兄弟姉妹たちだーーーーーー!と、ちょっとうらめしく思ったものの、演奏には予想以上にもっぱら感動してしまい、終演後にサイン会会場へ直行。

(ケータイなので、写真の写りが非常に悪いです)

サインもらって大満足。それに、親が体調不良で来れなかったことを伝えると、なんと親宛に6行にも渡ってメッセージを書いてくれるという親切さ♪

aut1

久しぶりに気持ちの晴れ晴れとするコンサートでした(アンコールでガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーを聴けると思っていたのに聴けなかったのは残念でしたが。たぶん、拍手でアンコールを促した観客は、それを待っていたのだと思う・・・)。

メモ。
新宿ロフト19:00-
Useless ID/Secondshot/Nerf Herder


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。