妃 透 ☆ 日 和
大学講師&大学院生、妃透(きさき・とおる)の素顔。専門は国際コミュニケーション。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちゃった。
昨日のことですが、
学生がせっかく宿題をやってきたというのに
授業でやる活動の時間配分がうまくいかなくて、
宿題の答え合わせを授業でできませんでした。

本当に最悪です・・・

頭を下げたところ
学生は誰も文句を言わなかったのですが
それが逆に本当に申し訳なくて申し訳なくて。

4月はまだ授業中にバタバタとするので
早く落ち着いて、時間配分の感覚などを取り戻したいです。


住所が書けない。
一限目は英語と文化の授業。
二限目はメディア英語の授業。
今日はオリエンテーションでした。

ということで、授業らしい授業をして
学生の知識を深めるということよりも
まずは学生と良い関係を築くことに集中しました。

通常は英語で行う授業なのですが、
初回ということもあって日本語を使ってみました。
すると、英語しか使わなかった去年の出だしよりも
学生との関係が良い感じに。

日本語の力ってすごい。

さて、私は初回の授業では必ず
学生にサイン帳のようなものを書いてもらいます。
高校で働いていたときは、
本当にサイン帳を買って渡していたのですが
これはお金がかかるので止め、
自作のもの(大好きなリラックマの画像つき)を渡すようにしています。

学生が楽しんで自分のことを書いているのを見ると
こちらも楽しくなります。

ところで、サイン帳の住所欄について
学生から質問が殺到しました。

[質問の多かった順]
1. Street, City, Prefecture, Zip-code, Countryってあるんですが、住所の書き方がよくわかりません。(日本語の住所を逆さまから書きます)
2. zip-codeって何ですか?(郵便番号)
3. prefectureって何ですか?(県)


要は、自分の住所を英語で書いた経験がない、ということです。

R大学に入学したということは
難しい入試問題を解けたということなのですが。
ちょっとびっくりしました。

さてさて、話は変わりますが
R大学では緊張している学生はほとんどいませんでした。

グループ・プロジェクトのプランを立てるときには
お互いにまだ知らない者同士なのに
サッと指定されたグループになり
私が言う前に自然と自己紹介し出して、
あっという間に男女わけ隔てなく仲良くなっていました。

若いってすごい。

タイムスリップして
また大学1年の最初を体験したいなぁ・・・

桜5
桜は散ってしまいましたね・・・




やっぱりギリギリ。
ようやく、授業準備に取りかかりました。
今日は3月29日。
まるで、小学生の夏休みの宿題のようにギリギリです。

新たに追加されてしまった科目は
英字新聞を読むという科目なのですが、
どうも良い授業アイディアが湧いてきません。

金谷憲先生の『和訳先渡し授業の試み』じゃないけれど、
和訳を先に渡してしまおうかな・・・
大学生なんだから、訳すことよりも、
中身についてディスカッションする授業にしたいな・・・
(そもそも、英語で行う授業なので訳せないんだけど)

などと考えてみるものの、
ディスカッションまでの組み立て(授業構成)が
うまくいかないのです。

結局、今日は何も浮かばず
テキストを隅々読んで、もがくだけで、
一日が経ってしまいました。

まぁ、こういう時もたまにはあるのかな。


odaiba1
国際展示場前(27日)


いいかげん、現実逃避はやめよう。
昨晩の夢は、宇宙へ行く夢でした。
ロケットで地球を脱出していました。
笑顔で脱出だけして、その後、どうなったか分かりません(笑)

さて、今日のテストは・・・遅刻者はいたものの
無事に全員が受けました(途中脱落者以外)。
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

面倒なことにならなくて、ホントによかった~

最後のテストだけ受けない学生ってけっこういて、
これがまた対応が非常に大変なのです。

放っておけばいいんでしょうが、
どうしても気になってしまうんですよね・・・
なんで、最後だけ来なかったんだって。

で、ついつい本人に連絡してしまうのです。
なぜ、テストを受けなかったのですか?って。

たいていの理由は風邪です。
それが本当かどうかは、申し訳ないけれど、
普段の授業態度などから判断してしまいます。
(しかし、返信は同じ内容にしています)

そんなこんなで、
明日はT大学の「(裏)追試」(交通費出るかなぁ・・・)。
最後のテストだけ受けなかった学生のラストチャンス
もちろん、正規に受験した学生よりは最大点を低くすると言ってあります。

甘い、と言われようとやります。
で、お説教(?)もするつもりです。
社会に出たら、風邪は理由にならないって(苦笑)
学生の最後の闘い。
今日は二クラス。

1限目の通常授業のクラスのほうは、ノートを回収しました。ノートの内容は、テキスト本文の筆写、スラッシュ(添付CDを聴いての区切り)、単語調べ、Q&Aです。毎授業の初めに、一単元分の答え合わせとチェック(ハンコ押し)はやっていたのですが、きちんと内容は見れなかったので、最後の最後に回収。

全員提出を目指していたのですが、お休み1名に、まだ出せないという学生が2名で、全員提出ならず。残念。

午後は、ノートを自宅に持ち帰るのは大変なので、キャンパスに残ってノートチェック&評価。始める前は、正直少し面倒だったのですが、チェックを始めると楽しくて。思った以上に(?)、しっかりとしたノート作りができていたので、チェックや評価が苦痛ではありませんでした。

2限目はテスト。ライティングのテストなので、くれぐれも盗用だけはしないよう念を押してテスト開始。持ち込み可だし、そもそもPCを使ってのライティングなので、インターネットも使いたい放題。最初に学生が、このことを知ったときには喜んでいましたが、実際には大変なテストだと実感したことでしょう。

テスト中には、いろいろな学生の画面が見ながら、「なるほど、そういうデータがほしいのね」とか、「インターネットが使えるのに、なんで使わないんだろう?」とか、いろいろなことを考えていました。時間配分がうまくいっていない学生には、「それだと最後まで終わらないよー!」と、思わず声をかけたくなりましたが、テストなんだからと自分に言い聞かせて声をかけるのをガマン。

終了時刻より15分前から退出してもいいよ、と言っていたのですが、15分前に出た学生はゼロ。最後の最後まで真剣に解けるような問題を出題できてよかったです。

さて、この連休は、別の大学の120名分のテストと、今日の大学の35名分のライティングテストをどこまで片付けられるか。いや、その前に来週の木曜の後期テストを作るか。

・・・などと言うと、つらそうに聞こえるかもしれませんが、体はつらくても気持ち的(?)には楽しいんですよ、学生の最後の奮闘ぶりを見るのは(^_-)---☆


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



プロフィール

妃透(きさき・とおる)

Author:妃透(きさき・とおる)
プロフィールは☆コチラ☆



毎日運動しよう。



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



検索フォーム



運び屋

あなたの夢を運びます。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



Kisaki's リラックマ



e.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。